カーレド・ホッセイニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
George and Laura Bush with Khaled Hosseini in 2007 detail2.JPG

カーレド・ホッセイニ英語:Khaled Hosseini, ペルシャ語:خالد حسینی)は、アフガニスタン出身、アメリカ在住の小説家、医者(1965年3月4日 - )。タジク人[1][2][3][4][5]

経歴[編集]

カーブルで生まれる。1970年に父がイランのアフガニスタン大使館に赴任したためにテヘランに移り、次いで1976年にフランスのアフガニスタン大使館勤務になったためパリに移る。その後ソ連アフガニスタン侵攻が始まったために帰国をあきらめ、1980年に家族でアメリカに亡命し、カリフォルニア州サンノゼに移り住む。カリフォルニア大学医学部を卒業し、1996年から内科医師として働き始める。

2003年に『カイト・ランナー』を発表し作家デビュー、同書は全世界で1000万部を越えるベストセラーとなり、2007年に映画化された。2006年、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)でアメリカ使節団の一員として1年間働く[6]。2007年に発表した第2作『千の輝く太陽』も同年の年間ベストセラーとなった。

『カイト・ランナー』は、カブールの裕福な家に生まれた少年が、1970年代からの、クーデター、ソ連軍の侵攻、引き続く内戦から、2001年のアメリカによる空爆に至るまでの過酷な経験を描いている。

作品[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]