カール=グスタフ・ロスビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カール=グスタフ・ロスビーCarl-Gustaf Arvid Rossby1898年12月28日 - 1957年8月19日)は、スウェーデン生まれのアメリカ気象学者

ストックホルム生まれ。ストックホルム大学を卒業後、V・ビヤークネスに招かれ、ノルウェーのベルゲン地球物理学研究所で極前線論の研究を始める。1926年渡米し、気象局に務めた後、1928年マサチューセッツ工科大学助教授に就任。1939年アメリカに帰化し、気象局の副局長となり、研究と教育部門の責任者となった。1941年シカゴ大学気象学主任教授となり、以後約10年間は彼を中心とするシカゴ学派が気象力学の面で活躍した。1950年からはストックホルム大学の教授も兼ね、同地に国際的な気象研究所を開設。

気団分析用のロスビー図の考案やロスビー波の発見、ジェット気流偏西風・絶対渦度保存の研究、アイセントロピック解析などが主要な業績である。大気の大規模な運動を熱学的に論じて、気象学を飛躍的に発展させた功績は大きく、「近代気象学の父」と呼ばれる。また、多数の優秀な弟子を育成し、アメリカの「気象学雑誌(Journal of Meteorology)」やスウェーデンの気象誌「Tellus」を創刊するなど、教育者・組織者としても国際的に活躍した。

カール=グスタフ・ロスビー研究賞[編集]

1951年には気象学に対する貢献を称えるカール=グスタフ・ロスビー研究賞が制定され、毎年1名に授与されている。日本人受賞者には荒川昭夫(1977年)、都田菊郎(1991年)、真鍋淑郎(1992年)、松野太郎(1999年)がいる。

関連項目[編集]