カール・ルードヴィッヒ・ブルーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Carl Ludwig von Blume (1796-1862)
Title page of Collection des Orchidées les plus remarquables de l'archipel Indien et du Japon

カール・ルードヴィッヒ・リッター・フォン・ブルーム(Carl Ludwig Ritter von Blume 、1796年6月9日 - 1862年2月3日)は、ドイツ生まれでオランダで働いた植物学者である。インドネシア植物の採集、記載、分類を行ったことで知られる。

ブルンズヴィック(Brunswick)で商人の息子に生まれた。ライデン大学で学んだ。植物学者のSebald Justinus Brugmansの弟子となり、1818年にインドネシアのバタヴィアジャカルタ)に博物学者として派遣された。1827年まで、スンダ列島に住み、植物採集を続けた。1823年から1826年の間はボゴールの植物園の栽培部長代理を務めた。オランダに戻る時には、3,000種の植物標本を持ち帰った。帰国後、ナイトの称号を受けた。

ライデン大学の自然史の教授に任じられ、王立植物標本館(Rijksherbarium)の館長を務めた。著書には1858年のder Collection des Orchidées les plus remarquables de l'archipel Indien et du Japon(『ランとインドネシアおよび日本の稀少植物』:仮訳)などがある。

著書[編集]

  • Cael Ludwig Blume: "Catalogus van eenige der merkwaardigste zoo in- als uitheemse gewassen, te vinden in 's Lands Plantentuin te Buitenzorg" opgemaakt door C. L. Blume, M.D., Directeur van voorz. tuin. s.l. n.d. [Batavia 1823]. (Catalogue of some native and exotic plants in Buitenzorg)
  • Cael Ludwig Blume: Bijdragen tot de flora van Nederlandsch Indië …. 1825-1827 (Contributions to the flora of the Dutch Indies) on Botanicus
  • Cael Ludwig Blume: Enumeratio plantarum Javae et insularum adjacentium minus cognitarum vel novarum ex herbariis Reinwardtii, Kuhlii, Hasseltii et Blumii 1827-1828.
  • Cael Ludwig Blume & Johannes B. Fischer (? - 1832): Flora Javae nec non insularum adjacentium …. 1828-1851.
  • Cael Ludwig Blume: De novis quibusdam plantarum familiis expositio et olim jam expositarum enumeratio. (1833)
  • Cael Ludwig Blume: Rumphia, sive commentationes botanicae imprimis de plantis Indiae orientalis …. 1835-1849 (4 volumes with 170 illustrations)
  • Cael Ludwig Blume: Museum botanicum Lugduno-Batavum …. 1849-1857 on Botanicus
  • Cael Ludwig Blume: Flora Javae et insularum adjacentium nova series (1858-1859)
  • Cael Ludwig Blume: Collection des Orchidées les plus remarquables de l'Archipel Indien et du Japon (1858-1859).

ウィキメディア・コモンズには、カール・ルードヴィッヒ・ブルームに関するカテゴリがあります。