カール・ルートヴィヒ・コッホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Carl Ludwig Koch
Die Pflanzenläuse, Aphidenの図版

カール・ルートヴィヒ・コッホ(Carl Ludwig Koch 、1778年9月21日 - 1857年8月23日)は、ドイツ昆虫学者クモ学者である。ブラジリアンホワイトニータランチュラ (Acanthoscurria geniculata)などを含む多くのクモ類の記載を行った。

生涯[編集]

クゼール(Kusel)に生まれた。ブルクレンゲンフェルトの森林監督官などを務めた。カール・ヴィルヘルム・ハーン(Carl Wilhelm Hahn)が刊行を始めた16巻の『クモ』("Die Arachniden")の執筆を引き継ぎ、その12巻を執筆した。パンツァー(Georg Wolfgang Franz Panzer)の『ドイツの昆虫誌』("Faunae Insectorum Germanicae Initia. Deutschlands Insekten".)のクモ類の章も執筆した。

ベレント(Georg Karl Berendt)の昆虫のコレクションをもとにベレントと共著で、"Die im Bernstein befindlichen Myriapoden, Arachniden und Apteren der Vorwelt "(1854)を執筆した。クモ類の記載においてはC. L. Kochの表記が用いられる

息子の ルートヴィッヒ・カール・クリスティアン・コッホもクモ学を専門とする昆虫学者である。息子の分類学での表記は L. Kochが用いられる。

著書[編集]

  • Die Pflanzenläuse, Aphiden. Lotzbeck, Nürnberg 1857.
  • Übersicht des Arachnidensystems. Zeh, Nürnberg 1837–50.
  • Deutschlands Crustaceen, Myriapoden und Arachniden. Pustet, Regensburg 1835–44.
  • Die Arachniden. 3巻-16巻.Carl Wilhelm Hahnの著作を継続. Nürnberg 1831–45 , Nürnberg 1848
  • System der baierischen Zoologie. Nürnberg, München 1816.
  • Die Myriapoden. H. W. Schmidtによる出版, Halle 1863

Literatur[編集]

  • Wilhelm Heß: Koch, Karl Ludwig. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 16, Duncker & Humblot, Leipzig 1882, S. 393 f.
  • Rudolf Roesler: Karl Ludwig Koch (1778–1857). in Oberpfälzer Heimat. Auflage 42, Weiden 1997/98.