カール・リーバーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・テオドール・リーバーマン
Carl Theodore Liebermann
人物情報
生誕 1842年2月23日
ドイツ ベルリン
死没 1914年12月28日(72歳)
ドイツ ベルリン
出身校 ベルリン大学
学問
研究機関 ベルリン大学
博士課程
指導教員
ローベルト・ブンゼン,
アドルフ・フォン・バイヤー
主な業績 アリザリンの合成
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

カール・テオドール・リーバーマン(Carl Theodore Liebermann、1842年2月23日-1914年12月28日)は、アドルフ・フォン・バイヤーの弟子で、ドイツ化学者である。

生涯[編集]

リーバーマンは、当初、ローベルト・ブンゼンが教鞭をとっていたハイデルベルク大学で学んだ。その後彼は、ベルリン大学でアドルフ・フォン・バイヤーの研究室に入り、そこで1865年に博士号を取得した。

カール・グレーベとともに、リーバーマンは1868年に橙色・赤色の染料であるアリザリンを合成した。彼は1870年に教授資格試験に合格し、ストラスブール大学に移ったアドルフ・フォン・バイヤーの跡を継いでベルリン大学の教授となった。リーバーマンは、1914年に教授を退職すると、すぐに死去した[1][2]

業績[編集]

アリザリンの構造

1826年、フランスの化学者ピエール・ジャン・ロビケは、アカネの根から鮮やかな赤色の染料であるアリザリンを単離し、その構造を決定した。1868年、リーバーマンは、アリザリンを還元すると、コールタールに大量に含まれるアントラセンになることを発見し、アリザリン合成への道を拓いた[3][4]。アントラセンからのアリザリンの合成に関するリーバーマンとグレーベの特許は、ウィリアム・パーキンの出願よりも1日だけ早かった。この合成法では、アントラセンを塩素化または臭素化して、次に酸化することでアリザリンが得られる[5]

出典[編集]

  1. ^ P. Jocobson (1918). “Nekrolog: Carl Liebermann”. Berichte der deutschen chemischen Gesellschaft 51 (2): 1135–1204. doi:10.1002/cber.19180510202. 
  2. ^ Giesel, F. (1915). “Carl Liebermann †”. Zeitschrift für Angewandte Chemie 28 (8–9): 25. doi:10.1002/ange.19150280802. 
  3. ^ C. Gräbe, C. Liebermann (1868). “Ueber Alizarin und Anthracen”. Berichte der deutschen chemischen Gesellschaft 1 (1): 41–56. doi:10.1002/cber.18680010142. 
  4. ^ C. Gräbe, C. Liebermann (1868). “Ueber Farbstoffe aus der Anthracengruppe”. Berichte der deutschen chemischen Gesellschaft 1 (1): 104–106. doi:10.1002/cber.18680010142. 
  5. ^ C. Graebe, C. Liebermann (1869). “Ueber künstliche Bildung von Alizarin”. Berichte der deutschen chemischen Gesellschaft 2 (1): 14–14. doi:10.1002/cber.18690020106.