カール・ランプランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
発見した小惑星
(1604) (1604)トンボー 1931年3月24日

カール・オットー・ランプランド(Carl Otto Lampland、1873年12月29日 - 1951年12月14日)はアメリカ合衆国天文学者

ミネソタ州ドッジ郡生まれ。インディアナ大学ブルーミントン校を卒業した後、1902年から ローウェル天文台で働いた。天体写真用装置を設計し、1905年火星の運河の写真を撮影するなどした。赤外線を観測して惑星の温度観測も行い、ウィリアム・コブレンツと共に、火星の昼夜の温度差の大きいことを発見した。

小惑星(1604)トンボーを発見した。月と火星のクレータに命名され、小惑星(1767)ランプランドは、ランプランドの名が命名された。

外部リンク[編集]