カール・ヨーゼフ・シュレーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・ヨーゼフ・シュレーター
人物情報
生誕 Carl Joseph Schröter
1855年12月19日
War ensign of the German Empire Navy 1848-1852.svg ドイツ連邦エスリンゲン
死没 1939年2月7日(満83歳没)
スイスの旗 スイスチューリッヒ
出身校 チューリッヒ工科大学
学問
研究分野 植物学植物生態学
研究機関 チューリッヒ工科大学
影響を
受けた人物
アルベルト・ハイム
命名者名略表記
(植物学)
Schröt.
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

カール・ヨーゼフ・シュレータースイス語:Carl Joseph Schröter1855年12月19日 - 1939年2月7日)は、スイス植物学者植物生態学者。生まれはドイツエスリンゲンである[1]

アルプス山脈を中心とした高山植生の研究[1]で名高く、フランスの植物学者シャルル・フラオー英語版と共に[2]植物群落単位の基本として群集Assoziation)を用いることを提議し、植物生態学に「個生態学」と「群生態学」を設けて植物社会学の発展に貢献した。

生涯[編集]

1855年12月19日、ドイツ連邦(現:ドイツ)のエスリンゲンに生まれる。

スイス連邦工科大学の一つチューリッヒ工科大学進学する。

チューリッヒ工科大学では同国出身の植物学者カール・エドゥアルト・クラメール英語版助手となり、同国出身の地質学者博物学者であるオズヴァルト・ヘールの後に1926年まで母校の植物学教授となる。

1910年ブリュッセルで開かれた国際植物学者会議ではフランスの植物学者フラオーと共に、当時混乱していた植物群落の単位の基本とし、群集を用いることを主張し、その後、群系と対立して学会に認められた[1]

その後、国際植物学会の用語委員会のリーダーとして植物生態学用語の統一に尽力した[3]

1939年2月7日、チューリッヒで亡くなる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 万有百科大事典 1972, p. 313.
  2. ^ 大日本百科事典 1967, p. 322.
  3. ^ グランド現代百科事典 1983, p. 407.

参考文献[編集]

関連項目[編集]