カール・ヨハンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミネソタ州、Gustavus Adolphus大学で科学名誉教授を授かるカール・ヨハンソン。1932年
カール・ヨハンソン、妻のマルガレータと4人の子供。左からエルザ、シグネ、エドヴァルドとゲルトルード。1930年頃

カール・エドヴァルド・ヨハンソン(Carl Edvard Johansson、1864年 - 1943年)は、スウェーデン発明家科学者である。

履歴[編集]

ヨハンソンは、「Joブロック」("Jo Blocks":"Johansson gauge blocks")としても知られるブロックゲージセットを発明した[1]。ヨハンソンは1901年5月2日に自身の最初のスウェーデンでの特許、特許番号17017「精密測定用ブロック・ゲージ セット」を取得し、1911年にはエスキルステューナ(Eskilstuna)にCE・ヨハンソン株式会社(CE Johansson AB:CEJ AB)を設立した。アメリカ合衆国ではCEJ ゲージ・ブロック セットは1908年頃にキャデラック社(Cadillac Automobile Co.)のヘンリー・リーランド に最初に販売された。

私が脱帽して敬意を表する人物は2人しかいない。一人はアメリカ合衆国の大統領であり、もう一人はスウェーデンから来たヨハンソン氏である。

ヘンリー・リーランド1920年

ヨハンソンは現役時代の終わりの1923年ヘンリー・フォードのためにディアボーンフォード・モーター社で働き始めた。フォードは、ヨハンソンが1918年にパーキプシ(Poughkeepsie, New York)で設立した米国企業のCE・ヨハンソン社(CE Johansson Inc.)を丸ごと買い取り、全ての機材をディアボーンに運び込んだ。パーキプシで働いていたスウェーデン人従業員の中にはフォード社に雇用された者もいた。72歳の時にヨハンソンは引退することに決め、スウェーデンに帰国した。生涯でヨハンソンは22回も大西洋を横断し、多くの時間を米国で過ごした。

死後間もなくの1943年にヨハンソンは、スウェーデン科学技術アカデミー(Royal Swedish Academy of Engineering Sciences)の大金賞を死後授与された。

家族[編集]

ヨハンソンは1896年にマルガレータ・アンデション(Margareta Andersson)と結婚し、エルザ(Elsa)、シグネ(Signe)、エドヴァルド(Edvard)、ゲルトルード(Gertrud)という4人の子供を儲けた。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • Althin, Torsten K.W. (1948), C.E. Johansson, 1864–1943: The Master of Measurement, Stockholm: Ab. C.E. Johansson [C.E. Johansson corporation], LCCN 74-219452 .

外部リンク[編集]