カール・ベルンハルト・フォン・トリニウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Carl Bernhard Trinius

カール・ベルンハルト・フォン・トリニウス(Carl Bernhard von Trinius, 1778年3月7日 - 1844年3月12日)はドイツ医師植物学者詩人である。ロシアで働き、皇太子アレクサンドル侍医家庭教師を務めた。

生涯[編集]

アイスレーベンで生まれた。父親はプロテスタント牧師のヨハン・アントン・トリニウス (Johann Anton Trinius)、母親はホメオパシーの創始者とされるザムエル・ハーネマンの妹である。6歳で父親を失い、母親は教師と再婚した。1792年からイェーナ大学ハレ大学ゲッティンゲン大学医学を学び、植物学に興味をもった。1802年に医者の資格を得た。その後、バルト地域に移り、ラトビアのHasenpoth(現Aizpute)では、詩人のウルリヒ・フォン・シュリッペンバッハ(Ulrich von Schlippenbach, 1774年 - 1826年)らと知り合った。1808年にヴュルテンベルク家の公爵夫人アントワネット (Antoinette von Württemberg) の個人医となった。植物学の研究を行いながら、公爵夫人が没するまで、治療のためにドイツとロシアの間を何度も旅した。

1810年にサンクトペテルブルクの帝国科学アカデミーの外国人会員となり、1823年には一般会員に選ばれた。ナポレオン戦争中の1811年から1815年の間、公爵夫人とともにサンクトペテルブルクに滞在し、1822年までビテプスクに住んだ後、サンクトペテルブルクに移住し、公爵夫人の死後はロシア皇室の医師、1833年までアレクサンドル皇太子の自然史の家庭教師となった。1830年ころからホメオパシーの研究を行い、ハーネマンと定期的に連絡を取り合った。1837年から1838年の間、ドイツ各地の植物園を巡り旅行を行ったが、心臓病に悩まされることになった。彼の収集したコレクションは、自らが創立者の1人である帝国サンクトペテルブルク植物園(現在のコマロフ植物研究所:Ботанический институт им. В.Л.Комарова РАН)に寄付された。

セリ科の属名、 トリニア属 (Trinia) に献名されている。

著書[編集]

  • 1820: Fundamenta Agrostographiae, Botanisches Standardwerk
  • Über das Wesen und die Bedeutung der menschlichen Haare und der Zähne.
  • 1828: Species graminum, iconibus et desciptionibus illustr.
  • 1848: Gedichte von Dr. B. C. Trinius, herausgegeben von zweien seiner Freunde, Berlin 1848