カール・フランツ・リッター・フォン・シュライバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・フランツ・リッター・フォン・シュライバース
Karl Franz Anton von Schreibers
人物情報
生誕 1775年8月15日
死没 1852年5月21日(満76歳没)
出身校 ウィーン大学
学問
研究分野 博物学
研究機関 ウィーン大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

カール・フランツ・リッター・フォン・シュライバース(Carl Franz Anton Ritter von Schreibers、1775年8月15日 - 1852年5月21日)はオーストリア博物学者である。ウィーン大学自然史コレクション (Viennese Natural History Collections) の責任者を務めた。

プレスブルク(ブラチスラバ)で育った。ウィーン大学医学学位を得たが、植物学鉱物学動物学も学んだ。しばらく叔父の病院医者の仕事をした。ヨーロッパ博物館を視察し、1802年にウィーン大学の自然史農学助手となり、1806年にウィーン自然史コレクションの責任者となった。

博物学のいろいろな分野に関与し、自然史コレクションの組織的な充実に努めた。シュライバースによって、何冊かの自然科学の書籍しかなかったライブラリーは30,000冊の書籍を集めた。自らの隕石の研究結果と隕石のコレクションも収集した。1848年10月31日オーストリア革命時に帝国軍の砲撃によって博物館は炎上し、コレクションが失われたことに失望し、シュライバーは引退した。隕石のコレクションは破壊を逃れた。

ヴィルヘルム・カール・リッター・フォン・ハイジンガー (Wilhelm Karl Ritter von Haidinger、1775年 - 1871年)が鉄隕石の中に見つけた鉱物、((Fe,Ni)3P) が、1847年にシュライバーの名前からシュライバーサイト (schreibersite) と名づけられた。

動物学の分野では、洞窟に住む水棲両生類ホライモリ解剖学的研究をおこなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]