カール・フランクリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カール·フランクリン(Carl Franklin, 1949年4月11日 - )は、アメリカの俳優、脚本家、映画監督、テレビドラマ監督。

カリフォルニア大学バークレー校、AFIコンセルバトワールで学び、演出の修士号を1986年に取得。

代表作は1995年映画『青いドレスの女』で、主演はデンゼル・ワシントンドン・チードルだった。

生い立ち[編集]

カリフォルニア州サンフランシスコ郊外リッチモンドで生まれる。生まれる前に実父が死に、母親と継父により育てられた。継父について「愛情の深い人」と語っているが、虐待傾向があり、酒に酔って暴れることがあった[1]。家庭の問題に加えて治安の悪い地区で育ったせいで、「家族で初めて大学に入る」という野心を持った。高校では勉学にはげみ、カリフォルニア大学バークレー校への奨学金を得た。

教師か弁護士になろうと思い、歴史を学んだが[2]、2年後に舞台芸術へ専攻を変えた。女の子が目当てだった。

バークレー校で俳優としてのキャリアが始まった。1960年代の政治デモの時代だったが、あまり積極的に参加はしなかった。

初期[編集]

卒業してニューヨークに行き、シェイクスピア祭に参加した。『十二夜』『アテネのタイモン』『シンベリン』に出演している。オフブロードウェイの「パブリック・シアター」にも出た。リンカーン・センター、ジョセフ・パップ・パブリック・シアター(ニューヨーク)、アリーナステージ(ワシントンD.C.)の舞台にも立った[3]

1973年、映画『Five on the Black Hand Side』に出演する。テレビドラマ『ロックフォードファイル』『グッド·タイムズ』『カリブ』『超人ハルク』『マクレインの法則』『サンフランシスコ』にゲスト出演した[1]

警官や軍人の役が多かった。1983年から1985年の『The A-Team』でのキャプテン・クレーン役で人気が出た[3]。この後演技に飽き、満足できなくなった。

脚本や製作を手伝い映画製作を学んだ。「演技が僕を監督にした」と『週刊LA』に語っている[1]

37歳、1986年に学校に戻ることを決意する。AFIコンセルバトワールでヨーロッパや日本の映画監督を研究した。1986年に演出の修士号を取得した。

卒業制作で30分の短編映画『Punk』を1989年に撮った。家族からのストレス、社会からのプレッシャー、性的目覚めに直面する黒人少年の物語だった[4]。この製作で破産の危機におちいったが、業界から注目された。

コンコルド・フィルム[編集]

1989年にロジャー・コーマンのもとで働く。コーマンは『パンク』を認めており、以前にも自分の会社コンコルドでマーティン・スコセッシフランシス・フォード・コッポラロン・ハワードピーター・ボグダノヴィッチなどを育てていた。コーマンからは低予算映画の作り方を学び、2年で6本に関わる。また、1989年から1990年に映画『Nowhere to Run』『Eye of the Eagle 2: Inside the Enemy』『Full Fanthom Five』を監督した。

キャリア後半[編集]

1980年代の終わりにプロデューサーのジェシー・ビートンは『One False Move』という脚本のための監督を物色していた。この脚本はエッジの効いたものだったので、新鮮で大胆な監督が必要だった。短編映画『パンク』のことを思いだしたビートンは、フランクリンを呼び出し話し合った[4]

同作は3人の麻薬売人の物語で、ビリー・ボブ・ソーントン、シンダ・ウィリアムズ、マイケル・ビーチが演じた。シェリフ役はビル・パクストンだった[3]

それまでは低予算でやっていたが、200万ドル(6億円)の予算でクリエイティブになれた[4] [5]

映画『One False Move』は口コミで広まり、複数の賞を獲た[6]

フィルモグラフィー[編集]

俳優[編集]

  • 黒い手側でのファイブ(1973年)
  • サンフランシスコの街(1エピソード、1974年)
  • それはよりよい人には起こりませんでした(1974年)
  • カリブ(13話、1975年)
  • グッド・タイムス(2話、1975年 - 1976年)
  • ビジョン(1エピソード、1976年)
  • 最重要指名手配(1エピソード、1976年)
  • ファンタスティックジャーニー(10話、1977年)
  • ルースチェンジ(1978年)
  • 超人ハルク(1エピソード、1978年)
  • センテニアル(1978年)
  • ロックフォード・ファイル(2話、1978年)
  • 黄金銃の伝説(1979年)
  • トラッパージョン、メリーランド(1エピソード、1979年)
  • バーナビー・ジョーンズ(2話、1975年 - 1980年)
  • 白い影(1エピソード、1980年)
  • ルー・グラント(1エピソード、1980年)
  • マクレーンの法則(不明のエピソード、1981年 - 1982年)
  • クインシー、ME(1エピソード、1982年)
  • クック、他はしない(1983年)
  • 隠蔽(1エピソード、1985年)
  • Aチーム(16話、1983年 - 1985年)
  • 冒険野郎マクガイバー(1エピソード、1985年)
  • リップタイド(1エピソード、1985年)
  • ヒル・ストリート·ブルース(1エピソード、1986年)
  • スモーキーマウンテンクリスマス(1986年)
  • フランク·プレイス(1エピソード、1987年)
  • ALF(2話、1987年)
  • 本当だといい(1988年)
  • イーグル2:インサイド(1989年)
  • ラングメイでファイナルディシジョン(1990年)
  • マグノリアの花たち(1エピソード、1990年)
  • フルファイブ(1990年)
  • 情熱の暑さの中で(1992年)
  • ロザンヌ(2話、1991年 - 1992年)

監督[編集]

=映画 =[編集]

  • パンク(1986年、短編)
  • どこにも実行するには(1989年)
  • イーグル2の目:敵インサイド(1989年)
  • フル・フェイタム・ファイブ(1990年)
  • 一歩間違えれば(1992年)
  • 青いドレスの女(1995年)
  • 母の眠り(1998年)
  • ハイ·クライムズ(2002年)
  • アウト·オブ·タイム(2003年)
  • 私を祝福して、ウルティマ(2013年)


テレビドラマ[編集]

  • パートナーズ(不明のエピソード、1999年)
  • ローマ(1エピソード、2007年)
  • 富(1エピソード、2007年)
  • パシフィック(1エピソード、2010年)
  • フォーリング·スカイズ(1エピソード、2011年)
  • マジックシティ(1エピソード、2012年)
  • 砂上の楼閣(2話、2013年)
  • ニュースルーム(1エピソード、2013年)
  • ホームランド(1エピソード、2013年)

脚本[編集]

  • Punk (1986年)
  • Eye of the Eagle 2: Inside the Enemy (1989年)
  • Last Stand at Lang Mei (1990年)
  • Devil in a Blue Dress (1995年)

[7]

受賞[編集]

  • 映画『一歩間違えれば』
    • 1992年 ロサンゼルス映画批評家協会賞「新世代賞」
    • 1993年 コニャック祭グランプリ
    • 1993年 インディペンデント·スピリット賞監督賞
    • 1993年 MTVムービーアワード「ベスト·ニュー·フィルムメーカー」

参照[編集]

  1. ^ a b c Carl Franklin: Biography from Answers.com
  2. ^ Easing Into Old L.A.: With 'Devil in a Blue Dress,' director Carl Franklin checks out postwar black Los Angeles, where cool jazz flows from steamy nightspots and corruption t...
  3. ^ a b c Carl Franklin | Biography, Photos, Movies, TV, Credits | Hollywood.com
  4. ^ a b c Carl Franklin Biography - Yahoo! Movies
  5. ^ Scruggs, C. (2004). “The Pastoral and the City in Carl Franklin's "One False Move"”. African American Review 38 (2): 323–334. doi:10.2307/1512294. JSTOR 1512294. 
  6. ^ “BFC/A Hosts Carl Franklin”. Black Camera 15 (1): 8. (2000). JSTOR 27761553. 
  7. ^ Sante Fe New Mexican.com

外部リンク[編集]