カール・フォン・バイエルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・フォン・バイエルン

カール・フォン・バイエルン(Karl von Bayern, 1795年7月7日 - 1875年8月16日)は、バイエルン王国の王族・軍人。全名はカール・テオドール・マクシミリアン・アウグストKarl Theodor Maximilian August)。陸軍元帥バイエルンマクシミリアン1世の次男。

1795年7月7日バイエルン選帝侯マクシミリアン4世ヨーゼフ(後のバイエルン王マクシミリアン1世)とその最初の妃であったヘッセン=ダルムシュタット方伯ゲオルク・ヴィルヘルムの娘アウグステ・ヴィルヘルミーネの間に第五子としてマンハイムで生まれた。マクシミリアン1世がアウグステ・ヴィルヘルミーネとの間にもうけた最後の子である。

1813年からの解放戦争にはカールははじめ陸軍少将、のち歩兵大将として参加した。1841年に陸軍元帥(Feldmarschall)およびバイエルン陸軍総監(Inspekteur der bayerischen Armee)に、1860年ドイツ連邦の第7軍の司令官に任じられた。1866年普墺戦争においてカールはバイエルン軍を指揮した。

1875年8月16日、カールはテゲルンゼー(現バイエルン州ミースバッハ郡)で死去した。ミュンヘンプリンツレゲンテン通りにあるプリンツ=カール宮殿は、カールが住んでいたことにちなんで名付けられている。

子女[編集]

カールは生涯に2度結婚しているが、ともに貴賎結婚であった。最初の妻は1823年10月1日に結婚したMarie-Anne-Sophie Pétin(1796年 - 1838年)で、彼女との間には以下の3女をもうけた。彼女に対しては結婚と同日付でBayrstorff男爵夫人の称号が与えられている。2人目の妻は1859年5月7日に結婚したHenriette Schoeller von Frankenburg(1815年 - 1866年)で、彼女との間に子供はいない。

  • カロリーネ・ゾフィー (1816年 - 1889年)
  • マクシミリアーネ・テオドーレ (1823年 - 1885年)
  • フランツィスカ・ゾフィー (1827年 - 1912年)

外部リンク[編集]