カール・ヒューイット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カール・ヒューイット(Carl E. Hewitt)は、マサチューセッツ工科大学(MIT)の電気工学計算機科学科の名誉教授である。

業績[編集]

ヒューイットは世界初の人工知能向けプログラミング言語 Planner の設計で知られている。Planner は手続き的計画に基づいた言語であり、表明とゴールからパターンに基づいて手続きを呼び出す。ヒューイットは1971年、マービン・ミンスキーシーモア・パパート、Mike Peterson の指導の下で数学の学位を取得した。彼の高レベルな手続き的計画という形式の「手続き的知識の埋め込み」という方法論は、ジョン・マッカーシーの提唱した論理学的手法(数理論理学による宣言的知識表現)とは一線を画していた。Planner のサブセット Micro Planner は Gerry Sussman、Eugene Charniak、テリー・ウィノグラードが実装した。これはウィノグラードの有名な SHRDLU プログラムに使われ、Eugine Charniak の自然言語ストーリー理解や他のいくつかのプロジェクトに使われた。

Mike Peterson との共同研究で、ヒューイットは再帰呼び出しが繰り返し(iteration)よりも強力であることと、並列処理が再帰よりも強力であることを証明した。Henry Baker との共同研究で、彼は計算に関する物理法則を発表した。その法則はデイナ・スコットが計算機能の連続性判定基準を導出する元となった。彼はコルーチンが再帰よりも強力であることを証明し、並行性が並列的コルーチンよりも強力であることを証明した。

ヒューイットと彼の同僚や学生はアクターモデルに関する業績でも知られている。アクター(Actor)とは並行計算の汎用的基本要素である。アクターモデルに影響を与えたものとして、LISPSimulaCapability-based systemパケット通信、初期のSmalltalkが挙げられる。

ヒューイットは、Bill Kornfeld と共同で Scientific Community Metaphor を開発した。他にも、ガベージコレクションプログラミング言語の設計と実装、マルチエージェントシステム矛盾許容論理などについても貢献している。

その後ヒューイットは、社会学人類学、組織科学(organization science)、科学哲学サービス科学(services science)を情報学に取り込む研究を行ってきた。また、彼は超並列性にも興味を持っている。

参考文献[編集]

  • Manuel Blum and Carl Hewitt. Automata on a 2-Dimensional Tape FOCS 1967.
  • Carl Hewitt. PLANNER: A Language for Proving Theorems in Robots IJCAI. 1969.
  • Mike Paterson and Carl Hewitt. Comparative Schematology MIT AI Memo 201. August 1970.
  • Carl Hewitt. Procedural Embedding of Knowledge In Planner IJCAI. 1971.
  • Carl Hewitt. Description and Theoretical Analysis (Using Schemata) of Planner, A Language for Proving Theorems and Manipulating Models in a Robot AI Memo No. 251, MIT Project MAC. April 1972.
  • Carl Hewitt, Peter Bishop and Richard Steiger. A Universal Modular Actor Formalism for Artificial Intelligence IJCAI. 1973.
  • Carl Hewitt, Peter Bishop, Irene Greif, Brian Smith, Todd Matson, Richard Steiger. Actor Induction and Meta-Evaluation POPL January 1974.
  • Carl Hewitt, et. al. Behavioral semantics of nonrecursive control structures Symposium on Programming. 1974.
  • Carl Hewitt and Henry Baker Actors and Continuous Functionals Proceeding of IFIP Working Conference on Formal Description of Programming Concepts. August 1–5, 1977.
  • Henry Baker and Carl Hewitt The Incremental Garbage Collection of Processes Proceeding of the Symposium on Artificial Intelligence Programming Languages. SIGPLAN Notices 12, August, 1977.
  • Carl Hewitt and Russ Atkinson. Specification and Proof Techniques for Serializers IEEE Journal on Software Engineering. January, 1979.
  • Carl Hewitt, Beppe Attardi, and Henry Lieberman. Delegation in Message Passing Proceedings of First International Conference on Distributed Systems Huntsville, AL. October, 1979.
  • Carl Hewitt. Viewing Control Structures as Patterns of Passing Messages Journal of Artificial Intelligence. June, 1977.
  • William Kornfeld and Carl Hewitt. The Scientific Community Metaphor MIT AI Memo 641. January, 1981.
  • Henry Lieberman and Carl Hewitt. A real Time Garbage Collector Based on the Lifetimes of Objects Communications of the ACM. June, 1983.
  • Carl Hewitt and Peter de Jong. Analyzing the Roles of Descriptions and Actions in Open Systems Proceedings of the National Conference on Artificial Intelligence. August 1983.
  • Henry Lieberman and Carl Hewitt. Design Issues in Parallel Architectures for Artificial Intelligence IEEE CompCon Conference, March 1984.
  • Carl Hewitt. The Challenge of Open Systems Byte Magazine. April 1985. Reprinted in The foundation of artificial intelligence---a sourcebook Cambridge University Press. 1990.
  • Carl Hewitt. Towards Open Information Systems Semantics Proceedings of 10th International Workshop on Distributed Artificial Intelligence. October 23–27, 1990. Bandera, Texas.
  • Carl Hewitt. Open Information Systems Semantics Journal of Artificial Intelligence. January 1991.
  • Carl Hewitt and Gul Agha. Guarded Horn clause languages: are they deductive and Logical? International Conference on Fifth Generation Computer Systems, Ohmsha 1988. Tokyo. Also in Artificial Intelligence at MIT, Vol. 2. MIT Press 1991.
  • Carl Hewitt and Carl Manning. Negotiation Architecture for Large-Scale Crisis Management AAAI-94 Workshop on Models of Conflict Management in Cooperative Problem Solving. Seattle, WA. August 4, 1994.
  • Carl E. Hewitt. From Contexts to Negotiation Forums AAAI Symposium on Formalizing Context. November 10–11, 1995. Cambridge Mass.
  • Carl Hewitt and Carl Manning. Synthetic Infrastructures for Multi-Agency Systems Proceedings of ICMAS '96. Kyoto, Japan. December 8–13, 1996.
  • Carl Hewitt (2006a). The repeated demise of logic programming and why it will be reincarnated What Went Wrong and Why: Lessons from AI Research and Applications. Technical Report SS-06-08. AAAI Press. March 2006.
  • Carl Hewitt (2006b) What is Commitment? Physical, Organizational, and Social COIN@AAMAS. April 27, 2006.

外部リンク[編集]