カール・ハインリッヒ・コッホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Karl Heinrich Koch

カール・ハインリッヒ・コッホ(Karl Heinrich Emil Koch, 1809年6月6日 - 1879年5月25日)はドイツ植物学者である。北部トルコを含むコーカサス地方の植物調査を行った。

生涯[編集]

ヴァイマルのエッタースベルク (Ettersberg) で生まれた。イェーナ大学ヴュルツブルク大学で学び、1834年からイェーナ大学で教え始めた。1836年から1938年の間、南ロシアの調査を行い、1843年から1844年には小アジア、アルメニア、カピス海、コーカサス山地を訪れ、これらの成果は『オリエントの旅行』(Wanderungen im Orient, Weimar, 1846-1847) として出版された。

1847年にベルリン大学に移り、後に助教授に任じられた。1849年からベルリン植物園で働き、1852年にベルリン園芸協会 (Verein zur Beförderung des Gartenbau) の事務局長を務め、『園芸植物週刊誌』(Wochenschrift für Gartnerei und Pflanzenkunde, 1858-1872) を出版した。

専門分野は樹木学や園芸学であったが、民俗学などの分野の著作も残した。

著作[編集]

  • Wanderungen im Oriente, 1846.
  • Hortus dendrologicus, 1853–1854.
  • Die botanischen Gärten. Ein Wort zur Zeit., 1860.
  • Dendrologie, 1869 bis 1873.
  • Die deutschen Obstgehölze, 1876.