カール・シュミット (化学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・シュミット

カール・シュミットCarl Schmidt, 1822年 - 1894年)は、ドイツ化学者、医師。尿酸蓚酸及びその乳酸コレステロールステアリンなどを含む多くの重要な生化学物質の晶癖を決定したことで知られる。筋繊維キチンの分析も行った。また、動物と植物の細胞成分が化学的に似ていることを示し、カルシウム・アルブミネートの反応を研究した。さらに、アルコール発酵代謝消化の化学を研究した。シュミットは胃液中に塩酸を発見し、塩酸とペプシンの化学的相互作用を発見した。胆液膵液の研究も行った。また、コレラ赤痢糖尿病砒素中毒によって齎される血液中の化学変化について研究した。

シュミットはギーセン大学ユストゥス・フォン・リービッヒ男爵の指導の下、1844年博士号を取得した。今日、シュミットはノーベル化学賞を受賞したヴィルヘルム・オストヴァルトの博士課程指導教官として最もよく知られている。1852年タルトゥ大学で薬化学の教授に就任した。

出典[編集]

  • J.R. Partington, A History of Chemistry, Macmillan, 1964, vol. 4, p.306 and p. 595.
  • Dictionary of Scientific Biography, Charles Scribner's Sons, 1970-1990, vol. 2, p. 124a.
  • Chem. Ber., 1894, 27, pp. 963-978.