カール・ゴルトマルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・ゴルトマルク

カール・ゴルトマルクKarl Goldmark, 1830年5月18日 ケストヘイ w:Keszthelyハンガリー) - 1915年1月2日 ウィーン)は独学のユダヤ人作曲家で、ワーグナーの影響を受けた。ハンガリー出身のためゴルドマルク・カーロイGoldmark Károly)とも呼ばれる。

生涯[編集]

主要作品[編集]

おそらく最も有名な作品は、歌劇サバの女王」作品27であろう。これは1875年にウィーンで初演されると好評を博し、1938年までウィーン国立歌劇場のレパートリーに残り続けた。ほかにも6つのオペラを作曲している。

ゴルトマルクのヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 作品28は、おそらく最も頻繁に演奏される作品となっている。だが、協奏曲第2番はめったに耳にすることができない。交響曲第1番「田舎の婚礼」Ländliche Hochzeit )作品26も人気のある作品で、5楽章からなっている。順に、変奏形式による「婚礼の行進」(結婚式の招待客を描写)、「宴の歌」、「セレナード」、「花嫁と花婿の庭での語らい」、「ダンス」と題された楽章である。交響曲第2番変ホ長調 作品35は、さほど有名とはいえない。

室内楽曲は、作曲者の生前、批評筋には好評だったが、今日ではめったに演奏されない。弦楽五重奏曲イ短調 作品9、ヴァイオリン・ソナタ ニ長調 作品25、ピアノ五重奏曲変ロ長調 作品30、チェロ・ソナタ 作品39、ヴァイオリンとピアノのための組曲(ニ長調 作品11、変ホ長調 作品43)がある。ゴルトマルクの名を初めてウィーンの音楽界に轟かせたのが、弦楽四重奏曲変ロ長調 作品8だった。ゴルトマルクは合唱曲や、数多くの序曲も手掛けている。晩年には、リヒャルト・シュトラウスとともにイタリアで褒賞された。

ブラームスはオペラ作曲の計画を練っては何度も放棄し、ついにその方面での成功を諦めたが、「自分がオペラを書いたらゴルトマルクのようになるだろう」と言ってゴルトマルクのオペラを支持した。また、「田舎の婚礼」についても称賛を惜しまなかった。その一方でゴルトマルクは、ウィーンにおける最初のワグネリアンの団体を発足させている。またゴルトマルクはウィーン音楽院において管弦楽法の教授を務め、シベリウスフランツ・シュミットがそのクラスを受講した。シュミットのオペラ「ノートルダム」において、ゴルトマルクの影響が指摘されることがある。

甥ルービン・ゴールドマーク(Rubin Goldmark)はアメリカ合衆国で作曲家になり、ニューヨークドヴォルザークに師事。音楽教師としては、アーロン・コープランドの作曲の師として名を残した。

作品一覧[編集]

オペラ[編集]

  1. サバの女王(Die Königin von Saba, 1875年
  2. マーリン(Merlin, 1886年
  3. 炉端のコオロギ(Das Heimchen am Herd, 1896年
  4. Der Fremdling1897年
  5. Die Kriegsgefangene1899年
  6. ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン(Götz von Berlichingen, 1902年
  7. 冬物語(Ein Wintermärchen, 1908年

演奏会用序曲[編集]

  1. シャクンタラー(Sakuntala )op. 13
  2. ペンテジレーア(Penthesilea )op. 31
  3. 春に(Im Frühling )op. 36
  4. 縛められたるプロメテウス(Der gefesselte Prometheus )op. 38
  5. サッフォー(Sappho )op. 44
  6. イタリアにて(In Italien )op.49

合唱曲[編集]

  1. 無伴奏合唱のための「雨の歌」(Regenlied )Op.10
  2. 男声無伴奏合唱のための2つの小品 Op.14
  3. 春の網目(Frühlingsnetz )(男声合唱、4つのホルンとピアノのための) Op.15
  4. 静かな海と愉快な航海(Meeresstille und glückliche Fahrt )(男声合唱といくつかのホルンのための) Op.16
  5. 男声無伴奏合唱のための2つの小品 Op.17
  6. 春の讃歌(Frühlingshymne )(コントラルト、合唱、オーケストラのための) Op.23
  7. 合唱曲集「フーシャータールにて」(Im Fuschertal )Op.24
  8. 詩篇 第113番(独唱者・合唱・オーケストラのための) Op.40
  9. 男声無伴奏合唱のための2つの小品 Op.41
  10. 四部合唱のための歌(ピアノ伴奏つき) Op.42

ピアノ曲[編集]

  1. 疾風怒濤(Sturm und Drang )Op.5
  2. 3つの小品(4手のための) Op.12
  3. 舞曲(4手のための) Op.22 (後にオーケストラ用に編曲)
  4. 2つのノヴェレッテ(Zwei Novelletten )Op.29
  5. 6つの小品 Op.52

関連項目[編集]

外部リンク[編集]