カール・コールマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カール・コールマンCarl Johan Calleman1950年5月15日 - )は、スウェーデン医師である。マヤ暦を独自の視点と見解で分析している[1]

研究[編集]

2009年当時、マスコミが広く「2012年12月21日にマヤ暦が終わる」と喧伝していたが、マヤ暦の始まる日付を見直し、2011年10月28日と割り出した。また、その日付から生物の進化や歴史、情報技術の発展が一定の秩序で起こっていたことを証明した[2]。この説は、2011年8月22日の日本テレビが放送した日本のテレビ番組、「不可思議探偵団」でも紹介された。

また、2004年頃には、「2007年11月頃に経済的な大波乱が起き、2008年11月以降にはドルの崩壊が本格化する」と警告していた。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • カール・コールマン 『マヤ暦が終わるのは、2011年10月28日だった!』 小原大典、白川貴子訳、ヴォイス(原著2009年11月25日)(日本語)。ISBN 978-4-89976-244-72011年10月28日閲覧。

外部リンク[編集]