カール・グスタフ・アドルフ・クニース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・グスタフ・アドルフ・クニース

カール・グスタフ・アドルフ・クニース(Karl Gustav Adolf Knies, 1821年3月29日 - 1898年8月3日)はドイツ歴史学派の経済学者。

生涯[編集]

1855年フライブルク大学教授、1865年から1896年までハイデルベルク大学の教授として経済学・統計学を講じた。ヘーゲルの影響を受けて、ロッシャーヒルデブラントとともに歴史学派を創始し、経済現象をその他の社会現象とあわせ総合的に把握し、その歴史進化の過程を究明すべきであると主張し、シュモラーアドルフ・ワグナーなどに影響を与えた。

著書[編集]

  • 『政治経済学──歴史論の観点から』1853年
  • 『貨幣と信用』全2巻 1873-79年
  • 『世界の貨幣と硬貨』1874年
  • 『統計学──独立した科学として』1850年