カール・クラウス (化学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・クラウス
ルテニウム

カール・エルンスト・クラウスKarl Ernst Claus, 1796年1月23日 - 1864年3月24日)はロシア化学者である。1844年ルテニウムを発見した。

ドルパート(現タルトゥ)に生まれた。14歳で薬局の徒弟になった。30歳頃自分の薬局をカザンにもって成功し、余暇に動植物の研究を続けた。1827年ウラルヴォルガ地方を探検し、植物誌を発行した。

1831年、ドルパート大学(タルトゥ大学)の助手になり、ついでカザン大学の化学の助手になった。後に薬学、化学の教授になった。

ルテニウムは1828年ドルパート大学のG・W・オサン白金の精製の残滓から3つの新金属を発見したと考え、それぞれプルラニウム pluranium、ルテニウム、ポリニウム polinium と命名していたが認められていなかった。1844年クラウスは白金の残滓から新元素を慎重に精製した。

オサンの業績を記念するため、ロシアを意味するルテニウムの名前を残した。

1852年、ドルパート大学の教授になった。

ウィキメディア・コモンズには、カール・クラウス (化学者)に関するカテゴリがあります。