カール・ギュツラフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・ギュツラフ

カール・フリードリヒ・アウグスツス・ギュツラフ(Karl Friedrich Augustus Gützlaff,LMS,1803年 - 1851年)は、中国で活躍したドイツ人宣教師である。現存する最古の日本語訳聖書ギュツラフ訳聖書」を翻訳した人物として知られる。チャールズ・ギュルラフとも表記される。 

生涯[編集]

1803年ドイツに生まれ、ベルリンの宣教師養成学校で学んだ、ロンドン宣教会英語版の宣教師として、タイで伝道したのちに、中国大陸で伝道活動に従事する。[1]

朝鮮、台湾、日本にも関心を持ち、1832年から33年にかけて、船旅をして鎖国中の日本にも入国を試みたが実現しなかった。

1832年8月に、琉球国那覇に寄港した。ギュツラフ一行の臨海寺の近くに上陸した。その時集まった民衆と役人に、漢訳聖書[2]を配布した。琉球王尚氏に、三冊の漢訳聖書を贈呈した。

中国に戻ったギュツラフは、日本人の三人の漂流漁民(音吉、岩吉、久吉)を引き取り、日本語を学んだ。ヨハネの福音書ヨハネの手紙第一第二第三を翻訳した「ギュツラフ訳聖書」をシンガポールで出版した。

1837年7月にギュツラフとサミュエル・ウィリアムズ宣教師らはモリソン号に乗り、音吉ら3人と、薩摩の漂流民4人(庄蔵寿三郎、熊太郎、力松)を合わせた、漂流民7人を送り届ける目的で日本上陸を試みた。しかし、異国船打払令により幕府側が砲撃をしたので、やむを得ず引き換した。これが、モリソン号事件である。

脚注[編集]

  1. ^ イギリスの団体に所属したので、英語風にチャールズ・ギュツラフ(Charles Gutzlaff)と表記されることもある。
  2. ^ 太平天国の乱洪秀全も同じ翻訳書を入手している。

参考文献[編集]