カール・エバーハルト・シェーンガルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カール・エバーハルト・シェーンガルト(Karl Eberhard Schöngarth、1903年4月22日1946年5月16日)は、ナチス・ドイツ親衛隊(SS)の将軍。最終階級は親衛隊少将。一部、苗字を英語読みで「ションガース」と表記されることもある。

略歴[編集]

ザクセンライプツィヒ出身。1922年にアビトゥーアに合格したのち、エルフルト(Erfurt)のドイツ銀行に勤務した。また1922年に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)に入党(党員番号43,870)。1923年のミュンヘン一揆に際して逮捕されたが、すぐに釈放された。ナチス党が解散されたため、この際に党を離れた。1924年から銀行を辞めてライプツィヒ大学に入学し、法学を学んだ。1928年7月28日に法学博士号を取得した。1933年のナチス党の権力掌握後、ナチス党に再度入党した(党員番号2,848,857)。また親衛隊員となった(隊員番号67,174)。

1933年から1935年にかけてビーレフェルトドルトムントミュンスターの州警察の指揮官となった。1936年からSD本部に配属された。1939年にはザクセン州の保安警察監督官(Inspekteur der Sicherheitspolizei 略称IdS)となる。1941年にクラカウ保安警察及びSD司令官(Befehlshaber der Sicherheitspolizei und des SD 略称BdS)に任じられる。1942年1月20日のヴァンゼー会議保安警察とSDの代表として出席している。1943年7月に武装親衛隊第4SS警察装甲擲弾兵師団に配属された。1944年にはオランダハーグの保安警察及びSD司令官となった。ドイツ敗戦後、ハーメルンに置かれたイギリスの裁判にかけられて死刑判決を受けた後、刑死した。

階級[編集]

受章[編集]

参考文献[編集]