エメリッヒ・カールマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エメリッヒ・カールマン
Kálmán Imre
1910年
1910年
基本情報
出生 1882年10月24日
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国シオーフォク
死没 1953年10月30日(満71歳没)
フランスの旗 フランスパリ
ジャンル オペレッタ
職業 作曲家

エメリッヒ・カールマン(Emmerich Kálmán / Kálmán Imre、1882年10月24日 - 1953年10月30日)は、ハンガリー出身のオーストリア作曲家。ハンガリー名はカールマーン・イムレ(Kálmán Imre)であるが、ドイツ風にエメリッヒ・カールマン(Emmerich Kalman)と名乗り、世界的にこの名で有名である。日本で発売されているCDやDVDもほとんどこの表記によっている。

生涯[編集]

ハンガリーのバラトン湖南部のシオーフォクにてユダヤ系の家庭に生れる。もともとは演奏会ピアニストとして立つ意向であったが、関節炎を患い、作曲に専念した(父親が破産したためとも言われる)。ブダペストフランツ・リスト音楽アカデミーにてハンス・ケスラーに師事、バルトークゾルタン・コダーイの同窓生となった。初期の交響詩は好評だったが、出版することはかなわなかった。しかしながらユーモラスなキャバレー・ソングの人気によって、オペレッタの作曲に進んだ。

最初の成功したオペレッタ『愉快な騎兵』(Tatárjárás、独語名は Ein Herbstmanöver )は、1908年2月22日にブダペストにおいて初演された。その後ウィーンに移り、『チャールダーシュの女王』(Die Csárdásfürstin)や『伯爵令嬢マリツァ』(Gräfin Mariza)などの作品によって世界的な名声を収めた。

カールマンはフランツ・レハールとともに、20世紀初頭における「ウィンナ・オペレッタ銀の時代」の代表的な作曲家と看做されている。カールマンは、ウィンナ・ワルツとハンガリーのチャールダーシュの融合により名声を馳せた。詞・台本こそドイツ語のものを用いたものの、両親ともドイツ系でチェコ育ちでもあるレハールに比べハンガリー色は遥かに濃い。一方、カールマンはチャイコフスキー管弦楽法を模範としているものの、ポリフォニーの構成や旋律法においては、プッチーニを理想とした。また、新時代の軽音楽としてのフォックストロットを採り入れ、ドラム・セットを用いたダンス・バンドに近い響きも試みている。

第二次世界大戦中はナチス・ドイツの弾圧を避けてアメリカ合衆国に渡り、カリフォルニア州に定住し、1942年市民権を得てアメリカに帰化した。1949年ニューヨークを発ちパリに渡り、同地で他界した。

日本では長らく知名度の低い作曲家の一人であり、LP時代の終わりごろになってようやく『チャールダーシュの女王』の全曲レコードが初発売された程度であったが、ウィーン・フォルクスオーパーの引越し公演などを契機に1980年代から人気が高まり、現在は欧米に劣らず人気を保っている。

主要作品一覧[編集]

オペレッタ作品と、初演の年・場所[編集]

  • 陽気な軽騎兵』(タタールヤーラーシュ) Tatárjárás - ブダペシュト - 1908
    • Ein Herbstmanöver - Vienna - 1909 (陽気な軽騎兵のドイツ語版)
    • The Gay Hussars - ニューヨーク- 1909[1]
    • Autumn Manoeuvres - ロンドン - 1912
  • Az Obsitos - ブダペシュト -1910
    • Der gute Kamerad - ウィーン - 1911 (Az Obsitosのドイツ語版)
    • Gold gab ich für Eisen - ウィーン - 1914 (Der gute Kameradの改訂版)
  • Der Zigeunerprimás - ウィーン - 1912
    • Sari - ニューヨーク - 1914[2]
  • The Blue House - ロンドン - 1912
  • Der kleine König - ウィーン - 1912
    • Her Soldier Boy - ニューヨーク - 1916[3]
    • Soldier Boy - ロンドン - 1918
  • Zsuzsi kisasszony - ブダペシュト - 1915
    • Miss Springtime - ニューヨーク - 1916[4]
    • Die Faschingsfee - ウィーン - 1917 (Zsuzsi kisasszonyのドイツ語版)
  • チャールダーシュの女王Die Csárdásfürstin - ウィーン - 1915
    • The Riviera Girl - ニューヨーク - 1917[5]
    • The Gipsy Princess - ロンドン - 1921
  • Das Hollandweibchen - ウィーン - 1920
    • A Little Dutch Girl - ロンドン - 1920
    • The Dutch Girl - アメリカ合衆国 - 1925
  • Die Bajadere - ウィーン - 1921
    • The Yankee Princess - ニューヨーク -1922[6]
  • Gräfin Mariza - ウィーン -1924
    • Countess Maritza - ニューヨーク - 1926[7]
    • Maritza - ロンドン - 1938
  • Die Zirkusprinzessin - ウィーン - 1926
    • The Circus Princess - ニューヨーク - 1927[8]
  • Golden Dawn - ニューヨーク - 1927[9]
  • シカゴ公爵夫人 Die Herzogin von Chicago - ウィーン - 1928
    • The Duchess of Chicago - アメリカ合衆国 - 1929
  • Das Veilchen vom Montmartre - ウィーン - 1930
    • Paris in Spring - アメリカ合衆国 - 1930
    • A Kiss in Spring - ロンドン - 1932
  • Der Teufelsreiter - ウィーン - 1932
  • 'Kaiserin Josephine - チューリッヒ -- 1936
  • Miss Underground - 1942作曲、未発表
  • マリンカ Marinka - ニューヨーク- 1945[10]
  • Arizona Lady - ベルン - 1954

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.ibdb.com/production.asp?ID=6811
  2. ^ http://www.ibdb.com/production.asp?ID=7028
  3. ^ http://www.ibdb.com/production.asp?ID=7767
  4. ^ http://www.ibdb.com/production.asp?ID=8446
  5. ^ http://www.ibdb.com/production.asp?ID=8578
  6. ^ http://www.ibdb.com/production.asp?ID=9125
  7. ^ http://www.ibdb.com/production.asp?ID=10120
  8. ^ http://www.ibdb.com/production.asp?ID=10293
  9. ^ http://www.ibdb.com/production.asp?ID=10507
  10. ^ http://www.ibdb.com/production.asp?ID=1717