カーリー・フィオリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーリー・フィオリーナ

キャラ・カールトンカーリー・フィオリーナCara Carleton "Carly" Fiorina, 1954年9月6日 - )は、アメリカ合衆国実業家政治家ヒューレット・パッカード(HP)元 CEO(1999年 - 2005年)兼会長(2000年 - 2005年)。

経歴[編集]

テキサス州オースティンにてキャラ・カールトン・スニードCara Carleton Sneed)として出生した。父は憲法学者・連邦判事、母は肖像・抽象画家であった。高校時代は父の仕事の都合で転校を繰り返した。高校卒業後スタンフォード大学に入学し、1976年に中世史と哲学の学士を取得した。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のロースクールにも入学したが中退している。1980年メリーランド大学カレッジパーク校のロバート・H・スミス・ビジネススクールでマーケティングの経営学修士号を、1989年にMITスローン経営大学院で経営の修士号を取得した。

1980年AT&Tに管理職訓練生として入社する。昇進を重ね、1995年11月には副社長に就任した。1996年2月にAT&Tからルーセント・テクノロジーズ(現、アルカテル・ルーセント)が分社設立され、1997年10月にルーセント・テクノロジーズのグローバル・サービス・プロバイダ・ビジネス部門の部門長に任命される。1999年7月、HPのCEOに就任、2000年からは会長も兼任する。2002年コンパックとの合併を主導するも成果を上げられず、2005年2月にすべての役職を辞した。同年10月、米サイバートラストの取締役に就任し、2006年4月にTSMCの取締役に就任した。

政界進出[編集]

フィオリーナが政界との接点を持つきっかけとなったのは、2008年アメリカ合衆国大統領選挙においてジョン・マケイン上院議員の経済顧問を務めたことで、同年の共和党大会で演説も行っている。翌2009年にはカリフォルニア州から連邦上院選挙への出馬を決意した。2010年6月に実施された共和党の党員選挙では、当初は接戦も予想されたものの、フィオリーナは過半数を制し、共和党公認を獲得した[1]。党員選においてはセイラ・ペイリンアラスカ州知事の支持も獲得している[2]。しかし11月の本選挙では民主党現職バーバラ・ボクサー候補に敗れた。

参考文献[編集]

  • 『私はあきらめない―世界一の女性CEO、カーリー・フィオリーナの挑戦』ジョージ・アンダース著、後藤由季子、宮内もと子訳、アーティストハウスパブリッシャーズ、2003年10月、ISBN 4902088185
  • 『 HP(ヒューレット・パッカード)クラッシュ 「理想の企業」を揺るがした1億ドルの暗闘』ピーター・バローズ著、瑞穂のりこ訳、PHP研究所、2004年1月、ISBN 4569633560
  • 『私はこうして受付からCEOになった』ダイヤモンド社、2007年11月、ISBN 447800059X

脚注[編集]

  1. ^ Carly on FNC's Fox and FriendsCarlyforCalifornia — 2010年06月09日
  2. ^ Sarah Palin: Carly Fiorina Endorsementsbalist — 2010年05月18日

外部リンク[編集]