カーメル・マイヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Carmel Myers
カーメル・マイヤーズ
カーメル・マイヤーズ
生年月日 1899年4月4日
没年月日 1980年11月9日(満81歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンフランシスコ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロスアンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 Star of David.svg ユダヤ人
職業 女優
ジャンル サイレント映画トーキーテレビ映画
活動期間 1915年 - 1976年
配偶者 イジドア・コーンブラム 離婚
ラルフ・H・ブラム 離婚
アルフレッド・シュワルバーグ 死別
著名な家族 ザイオン・マイヤーズ
マーク・サンドリッチ 従弟
ラルフ・ブラム 長男
ラルフ・H・ブラムとの間にほか2児

カーメル・マイヤーズCarmel Myers, 1899年4月4日 - 1980年11月9日)は、アメリカ合衆国女優である[1]

人物・来歴[編集]

1899年(明治32年)4月4日カリフォルニア州サンフランシスコに生まれる[1]ラビである父はオーストラリアからの、母はオーストリアからの移民で、1歳年長の兄にのちの映画監督ザイオン・マイヤーズがおり、2歳年少の従弟にのちの映画監督のマーク・サンドリッチがいる[1]

満16歳になる1915年(大正4年)、ベッシー・ラヴコンスタンス・タルマッジとともに Georgia Pearce に出演したのが、もっとも古い映画出演の記録である[1]。1916年(大正5年)、L-KO・カンパニーが量産する短編映画に数本出演した後、D・W・グリフィスのファイン・アーツ・フィルムに入社、大作の『イントレランス』や、ポール・パウエルチェスター・ワージーらが監督する短篇映画に出演する[1]

1917年(大正6年)、ユニヴァーサル・フィルム・マニュファクチュアリング・カンパニー(現在のユニバーサル・ピクチャーズ)に移籍、前年に同社傘下に設立されたブルーバード映画で、同年、ハリー・ソルター監督、ケネス・ハーラン主演の『』に出演、その後、ジョージ・シーグマン監督の『知らぬ妻』、ソルター監督の『磯打つ波』、スチュアート・ペイトン監督の The Girl in the Dark, 『紫の園』、『偽の結婚』、ジョセフ・ド・グラス監督の『情の国歌』、エルシー・ジェーン・ウィルソン監督の『涙の街』や『夢の女』、ポール・パウエル監督の『社交界の花形』、『終夜』、『夫は誰?』、『孤島の娘』と、1919年(大正8年)春のブルーバード映画最末期まで、立て続けに主演作を連打[1]、そのほとんどすべてが日本でも公開された[2]。同年7月16日、イジドア・コーンブラムと結婚する[1]

1921年(大正10年)、ユニヴァーサルを退社、小プロダクション作品に引き続き主演し、1923年(大正12年)には夫コーンブラムと離婚する[1]。翌1924年(大正13年)、3社が合併して設立されたメトロ・ゴールドウィン・メイヤーに入社する[1]

1928年(昭和3年)から始まる初期のトーキーにも積極的に出演し、1929年(昭和4年)6月9日、ラルフ・H・ブラムと再婚する[1]。1934年(昭和9年)の The Countess of Monte Cristo に出演した以降は、しばらく家庭に入る[1]

1942年(昭和17年)、リパブリック・ピクチャーズ製作、リー・ジェイソン監督の『或る夜の貴婦人』の脇に出演して、映画界に復帰する[1]

夫ブラムとはのちの脚本家のラルフ・ブラムほか3児をもうけたが、1950年(昭和25年)に離婚する[1]。翌1951年(昭和26年)6月26日に放映を開始したテレビ映画シリーズ The Carmel Myers Show のホスト役を務める[1]。同年10月、アルフレッド・シュワルバーグと再々婚する[1]。1952年(昭和27年)の The Carmel Myers Show が放映を終了、1953年(昭和28年)にテレビ映画 Studio One in Hollywood の1挿話に出演した以降は、映画界・テレビ界を退く[1]

1974年(昭和49年)、夫シュワルバーグと死別、翌1975年(昭和50年)からふたたびテレビ映画に出演し、映画『名犬ウォン・トン・トン』にも出演している[1]。同作が最後の出演作となった[1]

1980年(昭和55年)11月9日、カリフォルニア州ロスアンゼルス市で心臓発作により死去した[1]。満81歳没。同州イースト・ロサンゼルスにあるホーム・オヴ・ピース墓地に眠る[3]。ハリウッドのヴァイン街1751番地にハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星を刻む[1]

おもなフィルモグラフィ[編集]

すべて出演作である[1]

1910年代[編集]

1920年代[編集]

1930年代[編集]

1940年代[編集]

1950年代 / 1970年代[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u Carmel Myers, Internet Movie Database (英語), 2010年6月18日閲覧。
  2. ^ 『ブルーバード映画の記録』 : 製作・著・発行山中十志雄・塚田嘉信、1984年4月、p.60-63.
  3. ^ Carmel Myers, Find A Grave (英語), 2010年6月18日閲覧。

外部リンク[編集]