カーピーサー州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーピーサー州
Afghanistan-Kapisa.png
州都 マームディラキ英語版
面積 1,842km²
人口(2013年) 426,800人
人口密度 231/km²

カーピーサー州(Kāpīsā、ダリー語表記で کاپیسا)は、アフガニスタン東部にあるである。州都はマームディラキ英語版 (Mahmud-i-Raqi)。州の面積は1,842 km2、人口382,600人 (2006年の公式推計[1][出典無効])。

地理[編集]

首都カーブルの東隣に位置して、重要な州のひとつである。

歴史[編集]

古代からアヴェスター語を話す民族が住んでおり、en:Iron Age India期にそのクシャトリヤカンボージャ英語版十六大国)と呼ばれていたことが、en:Sanskrit literatureen:Pali literatureに記録されている。その末裔が、現在のen:Kambojである。紀元前6世紀末にはガンダーラとともにアケメネス朝に征服され、タクシラを中心にインド英語版Hindush)と言う属州(サトラップ)を形成した。

644年には玄奘三蔵が訪れた。

2004年4月13日に北部がパンジシール州として分離された。

行政区分[編集]

カーピーサー州は、7県に分けられる。

  1. en:Alasay District
  2. en:Hesa Awal Kohistan District
  3. en:Hesa Duwum Kohistan District
  4. en:Koh Band District
  5. マームディラキ県英語版 - マームディラキ英語版
  6. en:Nijrab District
  7. en:Tagab District, Kapisa

経済[編集]

農業が主要産業である。州では、週に一度の市の日に、物々交換による大規模な市場 (ミラ) が開かれ、地域の住民に楽しまれている。

住民[編集]

民族[編集]

タジク人パシュトゥーン人パシャイー人英語版ハザーラ人ヌーリスターン人

言語[編集]

宗教[編集]

イスラム教スンニ派が多数派で、ハザーラ人シーア派パシャイー人英語版ニザール派である。

施設[編集]

州内には病院が一棟ある。かつては大きな織物工場があったが、映画館とともに、ソ連のアフガニスタン侵攻の際に破壊された。近年、大学が建設され、工学、薬学、法学、文学部が設置された。女子学校は非常に少なかったが、NGOの協力によって数を増やしつつある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]