カーナーヴォン伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カーナーヴォン伯爵: Earl of Carnarvon)は、イギリス伯爵位。これまでイングランド貴族として一度、グレートブリテン貴族として二度創設されている。なお爵位名はウェールズの町であるカーナーヴォンおよびカウンティ英語版であるカーナーヴォンシャー英語版に由来するが、これらの地名の綴りは Caernarfon に変更されている。

最初にカーナーヴォン伯爵に叙されたのはチャールズ1世の廷臣であった第2代ドーマー男爵ロバート・ドーマーで、1628年イングランド貴族としてであった[1][2][3]。この時チャールズ1世は加えて「アスコット子爵Viscount Ascot)」も与えている[1][2][3]。初代カーナーヴォン伯爵となったロバートはイングランド内戦において騎士党王党派)につき、1643年9月20日の第一次ニューバリーの戦い英語版で戦死した[1][3]。伯爵位は一人息子のチャールズに継承されたが、2代伯爵は男子にことごとく先立たれたため、彼の死とともに断絶した[1][3]

続いて1714年、第9代シャンドス男爵ジェイムズ・ブリッジズが「カウンティ・オヴ・ハートフォードにおけるウィルトン子爵Viscount Wilton, in the County of Hertford)」および「カーナーヴォン伯爵」に叙され[4][5][6]、さらに1719年には「カーナーヴォン侯爵Marquess of Carnarvon)」および「シャンドス公爵Duke of Chandos)」へ陞叙された(いずれもグレートブリテン貴族[7][5][6]。彼の没後これらの爵位は息子のヘンリー、孫のジェイムズと継承されたが、男子のいなかった3代公爵を最後に断絶した[5][6]

1793年よりカーナーヴォン伯爵を保持しているハーバート家の紋章

三度目の創設は1793年、初代ポーチェスター男爵ヘンリー・ハーバートグレートブリテン貴族として授けられたものであり[8][2][3]、以後カーナーヴォン伯爵は2013年現在までハーバート家英語版が保持している。この時授けられた称号は正式には「Earl of the Town and County of Carnarvon, in the Principality of Wales」であるが[8][3]、通常は単に「カーナーヴォン伯爵Earl of Carnarvon)」として言及される。初代伯爵は1780年にグレートブリテン貴族の「カウンティ・オヴ・サウサンプトンにおけるハイクレアポーチェスター男爵Baron Porchester, of Highclere, in the county of Southampton)」に叙されていたため[9][2][3]、現在のカーナーヴォン伯爵にはこの爵位が付属し、伯爵位の法定推定相続人は「ポーチェスター卿」の儀礼称号を帯びる。

初代伯爵となったヘンリーは、第8代ペンブルック伯爵トマス・ハーバート英語版の五男ウィリアム英語版の息子であった[3]。彼は初め庶民院議員であったが叙爵により貴族院へ移り、初代グレンヴィル男爵英語版ウィリアム・グレンヴィルの下で主馬頭Master of the Horse)を務めた[2][3]。後を継いだ息子の2代伯爵ヘンリーやその息子で3代伯爵となったヘンリーも、庶民院議員となった後に貴族院へ転じている[2][3]。 3代伯爵の長男であった4代伯爵ヘンリー保守党の有力政治家であり、第14代ダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリー第3次内閣ベンジャミン・ディズレーリ第2次内閣植民地大臣英語版として、第3代ソールズベリー侯爵ロバート・ガスコイン=セシル第1次内閣アイルランド総督としてそれぞれ入閣している[2][3]。4代伯爵が没すると、息子のジョージが5代伯爵となった[3]。5代伯爵はアマチュア考古学者であり、ハワード・カーターのスポンサーとなりツタンカーメン王の墓の発見を支援したことで知られている。続いて5代伯爵の一人息子ヘンリーが6代伯爵、6代伯爵の一人息子ヘンリーが7代伯爵となった。2013年現在のカーナーヴォン伯爵は8代伯爵となるジョージで、2001年に襲爵した。

ハイクレア城

カーナーヴォン伯爵家の邸宅はハンプシャー州のハイクレア城英語版である。ここはテレビドラマ『ダウントン・アビー 〜貴族とメイドと相続人〜』の撮影に用いられた。

カーナーヴォン伯爵 (第1期; 1628年)[編集]

ロバート英語版
初代ドーマー男爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィリアム
 
アンソニー
 
ロバート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロバート
第2代ドーマー男爵
初代カーナーヴォン伯爵
 
ロバート
 
チャールズ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チャールズ
第3代ドーマー男爵
第2代カーナーヴォン伯爵
 
ローランド
第4代ドーマー男爵
 
チャールズ
第5代ドーマー男爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


カーナーヴォン伯爵 (第2期; 1714年)[編集]

ジェイムズ英語版
第8代シャンドス男爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェイムズ
第9代シャンドス男爵
初代カーナーヴォン伯爵
初代シャンドス公爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー
第10代シャンドス男爵
第2代カーナーヴォン伯爵
第2代シャンドス公爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェイムズ
第11代シャンドス男爵
第3代カーナーヴォン伯爵
第3代シャンドス公爵
第7代キンロス卿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アン
第8代キンロス卿
 
リチャード
初代バッキンガム=シャンドス公爵
 
 


ポーチェスター男爵 (1780年)[編集]

カーナーヴォン伯爵 (第3期; 1793年)[編集]

トマス
第8代ペンブルック伯爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー英語版
第9代ペンブルック伯爵
 
ウィリアム
 
 
ヘンリー
第4代カーナーヴォン伯爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー
初代カーナーヴォン伯爵
 
 
ジョージ
第5代カーナーヴォン伯爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー
第2代カーナーヴォン伯爵
 
 
ヘンリー
第6代カーナーヴォン伯爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー
第3代カーナーヴォン伯爵
 
 
ヘンリー
第7代カーナーヴォン伯爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ
第8代カーナーヴォン伯爵

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Burke, Bernard, Sir, ed (1869). “DORMER.”. A genealogical and heraldic dictionary of the peerage and baronetage of the British Empire (31st ed.). London: Harrison. pp. 354-355. http://www.archive.org/stream/genealogicalhera00inburk#page/354/mode/2up 2013年11月17日閲覧。. 
  2. ^ a b c d e f g Doyle, James William Edmund, ed (1886). “CARNARVON.”. The Official Baronage of England. 1. London: Longmans, Green & Co. pp. 337-342. http://www.archive.org/stream/officialbaronag00doylgoog#page/n354/mode/2up 2013年11月17日閲覧。. 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l Gibbs, Vicary, ed (1913). “CARNARVON”. The complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom. 3 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 44-48. https://archive.org/stream/completepeerageo03coka#page/44/mode/2up 2013年11月17日閲覧。. 
  4. ^ London Gazette: no. 5269, p. 2, 1714年10月16日. 2013年11月17日閲覧。
  5. ^ a b c Doyle, James William Edmund, ed (1886). “CHANDOS.”. The Official Baronage of England. 1. London: Longmans, Green & Co. pp. 351-358. http://www.archive.org/stream/officialbaronag00doylgoog#page/n368/mode/2up 2013年11月17日閲覧。. 
  6. ^ a b c Gibbs, Vicary, ed (1913). “CHANDOS”. The complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom. 3 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 126-134. https://archive.org/stream/completepeerageo03coka#page/126/mode/2up 2013年11月17日閲覧。. 
  7. ^ London Gazette: no. 5742, p. 1, 1719年4月28日. 2013年11月17日閲覧。
  8. ^ a b London Gazette: no. 13541, p. 543, 1793年6月25日. 2013年11月17日閲覧。
  9. ^ London Gazette: no. 12124, p. 1, 1780年10月3日. 2013年11月17日閲覧。