カーティス・ボタニカル・マガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1845年のタイトルページ
1793年の図版

カーティス・ボタニカル・マガジン(Curtis's Botanical Magazine、The Botanical Magazine; 副題 Flower-Garden Displayed)1787年から発行が始められた植物画雑誌である。

1782年に第1刊が、園芸および植物学の雑誌として、薬剤師で、キューガーデンで働いていたウィリアム・カーティスが創刊した。カーティスはそれまでに、売れ行きは悪かったがその豪華さで評判になった『ロンドンの植物』("Flora Londinensis")を出版していた。カーティス・ボタニカル・マガジンはより手軽な八折り判で読者に提供された。最初、図版は手彩色された銅版画で、花の断面図も添えられ、1ページまたは2ページの花の性質、歴史、生育の特徴や一般的な名称などを解説した文章が添えられた。

初期の植物画は大部分をシデナム・エドワーズが描いたが、カーティスの没後、編集を引き継いだジョン・シムとズエドワーズは対立し、エドワーズは自ら植物雑誌『ボタニカル・レジスター』の発刊した。最初の30巻までは銅版画が用いられ、手彩色を加えるために最大30人の作業者が雇われた。価格の上昇と需要の増加を防ぐために、手彩色は取りやめられて機械的な彩色が行われるようになり、均一な品質にはなったが、手彩色ほどの緻密さがえられるまでには長くかかった。

1800年までに13巻までを編集した、ウィリアム・カーティスが没すると、友人のジョン・シムズが1801年から1807年まで編集を行った。1826年から植物学者でキューガーデンの園長、ウィリアム・ジャクソン・フッカーが編集を引き継いだ。フッカーは植物画家にウォルター・フィッチを雇い、フィッチは40年間、メイン画家を務めた。ジョセフ・ダルトン・フッカーが父親の後、1865年にキューガーデンの園長を継ぎ、ボタニカル・マガジンの編集を引き継いだ。

その後、ジョセフ・ダルトン・フッカーのいとこのマチルダ・スミスが1878年から1923年の間、務め2,300を超える図版をボタニカル・マガジンのために描いた。この貢献などによりスミスは女性として2人目のリンネ協会の会員に選ばれた。その他に著名なリリアン・スネリングらがいる。

出版は続けられ、1984年から1994年の間はキュー・マガジンと改名されたが、1995年にカーティス・ボタニカル・マガジンに戻され、キューガーデン(王立植物園)が出版している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]