カーソン・マッカラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーソン・マッカラーズ
(1959年、カール・ヴァン・ヴェクテン撮影)

カーソン・マッカラーズCarson McCullers、本名:Lula Carson Smith、1917年2月19日 - 1967年9月29日)はアメリカの作家。彼女はエッセイや詩だけでなく、小説、短編、戯曲を書いた。処女小説『心は孤独な狩人(原題:The Heart is a Lonely Hunter)』ではアメリカ南部を舞台に、社会に順応できない人間や排除された人間の魂の孤独を探究した。他の小説も同様のテーマを扱い、南部に舞台を置いている。

幼年期[編集]

1917年ジョージア州コロンブスの中産階級の家にルーラ・カーソン・スミスが誕生した。彼女の母は、大農園所有者で南部同盟の英雄の孫娘である。父はフランスユグノーの血すじの時計職人で宝石商だった。彼女は5歳からピアノのレッスンを受け、15歳のときに父からタイプライターをもらった。

2年後、彼女はピアノの勉強のため、ニューヨークジュリアード音楽院の音楽部門に送られたが、授業料のために取っておいたお金をなくしてしまって、1度も学校へは通わなかった。下働きをしながら、ワシントン・スクウェア・カレッジと、コロンビア大学の夜間クラスでテキサス出身の作家ドロシー・スカボローのもとで創作を学んだ。作家になる決意をし、1936年自叙伝「Wunderkind」をストーリー・マガジン(Story magazine)から出版した。音楽の才能がある人物と思春期の不安が描かれている。

結婚と仕事[編集]

1935年彼女はノースカロライナ州に移り、1937年にリーブス・マッカラーズと結婚した。そこで初の小説である『心は孤独な狩人』が書かれた。南部ゴシックの傑作である。このタイトルは、彼女の編集者がフィオナ・マクラウド(Fiona MacLeod)の詩「The Lonely Hunter」からとってきて提案したものだった。この小説はアンチ・ファシスト本として理解されている。合計で彼女は8冊の本を出している。23歳のときに書かれた『心は孤独な狩人』(1940)、『黄金の眼に映るもの(原題:Reflections in a Golden Eye)』(1941)、そして『結婚式のメンバー(原題:The Member of the Wedding)』(1946)は最もよく知られている作品である。短編小説集『悲しき酒場の唄(原題:The Ballad of the Sad Café)』(1951)もまた、孤独や報われない愛の痛みを描いている。彼女はニューヨークのサラトガスプリングにあるYaddo(アーティストのコミュニティー)の同窓生だった。

『心は孤独な狩人』は1968年アラン・アーキン主演で『愛すれど心さびしく』として映画化された。『黄金の眼に映るもの』は1967年ジョン・ヒューストン監督により『禁じられた情事の森』として映画化され、マーロン・ブランドエリザベス・テーラーが出演した。のちにヒューストン監督は次のように語っている。「わたしが初めてカーソン・マッカラーズに会ったのは、第二次大戦中のことで、ニューヨークの北部にポーレット・ゴダードバージェス・メレディスを訪ねたときだ。彼女はすぐ近くに住んでいて、ある日散歩していると、彼女は自宅の戸口からわたしたちを歓呼して迎えてくれた。そのとき彼女は20代前半だったが、すでに最初の(脳)卒中を起こしていた。……(その様子は)麻痺ではなく、むしろ臆病な動物の震えだった。しかし、カーソン・マッカラーズが立ち向かった人生の中で、その態度には怯えも弱さもなかった……」。

結婚の終り、労苦[編集]

彼女の結婚はうまくいかなかった。彼ら夫婦はどちらもホモセクシャルの関係だった。マッカラーズとリーブスは1940年に別居し、1941年に離婚した。彼女がリーブスと別れたあと、ニューヨークへ移り、ハーバース・バザーの編集者ジョージ・デイビスと同居した。ブルックリンで彼女はアートコミュニティーのFebruary Houseのメンバーになった。彼らの友人にはW.H.Auden、ベンジャミン・ブリテン、Paul and Jane Bowlesがいる。第二次世界大戦後、彼女はほとんどパリで過ごした。このころの彼女の親しい友人にはトルーマン・カポーティテネシー・ウィリアムズがいる。

1945年、マッカラーズとリーブスは再婚した。3年後、彼女が鬱病のとき、自殺を企てた。1953年、リーブスは彼女に心中しようと説得したが、彼女は逃げだした。彼女が彼のもとを去ったあと、彼らが住んでいたパリのホテルで、リーブスは睡眠薬の過剰摂取で自殺した。マッカラーズのほろ苦い戯曲「The Square Root of Wonderful」(1957)では、このトラウマ体験の調査を試みている。「The Member of the Wedding」(1946)は女の子の、兄弟の結婚のときの気持ちを描いている。この小説のブロードウェイ上演(1950-1951)は成功を収め、2007年9月にはロンドンのYoung Vicにてプロデュースされた。

マッカラーズは生涯にわたっていくつかの病気とアルコール依存症に苦しんだ。彼女は15歳にリューマチ熱にかかり、若いころから卒中を起こしていた。31歳のときには、左半身がすっかり麻痺していた。卒中の結果として生じる脳の大出血のあと、1967年9月29日ニューヨークのNyackで亡くなった。死までの数ヶ月間、彼女は未完の自伝「Illumination and Night Glare」(1999)を口述した。

批評[編集]

マッカラーズと、そしてもしかするとウィリアム・フォークナーD.H.ロレンスの死以来、独創的な詩的感性をもった唯一の作家かもしれない。わたしはフォークナーよりもマッカラーズが好きだ。彼女は彼より明瞭に書いている。わたしはD.H.ロレンスよりも彼女の方が好きだ。彼女はメッセージをもっていない。– グレアム・グリーン

マッカラーズの作品はよく「南部ゴシック」と言われるが、彼女は南部を離れたあと、有名な作品を作り出した。アイルランド出身の批評家で作家のTerence de Vere Whiteとの討論でマッカラーズは次のように述べている。「書くことは、わたしにとって、神を探すことだ」。アメリカ人作家のゴア・ヴィダルは彼女の作品を「われわれの2流文化(アメリカ文化の意)のなかの満足のいく、いくつかの業績の1つである」と賞賛している。他の批評家は、彼女の著作のなかに悲喜劇的な、また政治的な要素を発見している。

作品[編集]

小説[編集]

  • "The Heart Is a Lonely Hunter"(1940)
  • "Reflection in a Golden Eye"(1941)
  • "The Member of the Wedding"(1946)
  • "Clock Without Hands"(1961)

他の作品[編集]

  • "The Ballad of the Sad Cafe"(1951) 短編集。
  • "The Square Root of Wonderful"(1958) 戯曲。
  • "Sweet as a Pickle and Clean as a Pig"(1964) 詩集。
  • "The Mortgaged Heart"(1972) 死後に妹リタに編集された。
  • "Illumination and Night Glare"(1999) 未完の自伝。死後に出版。

邦訳[編集]

  • 『心は孤独な狩人』河野一郎訳 (新潮文庫) 別題 『心は孤独な猟人』江口裕子訳 (荒地出版社) 『話しかける彼等』 中川のぶ訳 (四季書房) 『愛すれど心さびしく』 山本恭子訳  (秋元書房)
  • 『結婚式のメンバー』 渥美昭夫訳 (中央公論社) 竹内道之助訳 (三笠書房) 別題 『夏の黄昏』 加島祥造訳 (福武文庫)
  • 『悲しき酒場の唄/騎手』 西田実訳 (白水Uブックス) 別題 『哀れなカフェの物語』 山下修・嶋忠正訳 (英宝社)
  • 『黄金の眼に映るもの』 田辺五十鈴訳 (講談社文庫) 宮本陽吉訳 (中央公論社)
  • 『針のない時計』 佐伯彰一・田辺五十鈴共訳 (講談社文庫)
  • 『カーソン・マッカラーズ短編集 ~少年少女たちの心の世界~』 浅井明美訳 (近代文芸社)

参考文献[編集]

  • 『孤独な狩人−−カーソン・マッカラーズ伝』 ヴァージニア・スペンサー カー,浅井明美訳 国書刊行会 1998/3

関連項目[編集]