カーサーフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カーサーフィン(Car Surfing)は、時速8〜160キロメートル程で走行する一般車輌の屋根上に乗り、サーフィンに準じた、そのフォームの美しさなどを競う競技あるいはアトラクションである。エクストリームスポーツに属する。

略歴[編集]

  • その起源は、1980年代のアメリカ映画に在ると言われる。それに感化されたプレイヤーと呼ばれる若年層に始まり、現在はアメリカ国内の中西部や南部が盛んである。
  • 1人で運転席からテイクオフし再び運転席に戻るのが、最も難易度が高い技として認知されている。

アメリカでの状況[編集]

  • アメリカ合衆国疾病対策予防センター(CDC)は、プレイ中における死亡事故が多発した為、「カーサーフィン」の自粛を国内の若年層に警告した[1][2]
  • CDCの発表では、アメリカ国内の31州でカーサーフィンによる怪我や死亡が報告されている。
  • 中西部や南部の州に事故の多く、1990年以降58人の死亡事故が確認されている。[3]

日本国内での状況[編集]

  • エクストリームスポーツとしての認知は低く、日本国内での競技人口は、殆ど無いに等しいとされている。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]