カークウッドの空隙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kirkwood gaps

カークウッドの空隙またはカークウッドの隙間(Kirkwood gaps)は、小惑星の分布の少ないいくつかの軌道(軌道長半径)のことである。図に軌道長半径に対する小惑星の数の分布を示す。木星の重力による軌道共鳴により小惑星はこの領域から移動させられていって小惑星の少ない軌道領域ができた。

たとえば、軌道長半径が2.5AUで公転周期3.95年の軌道には小惑星はほとんどない(木星の公転周期は約12年なので、3:1軌道共鳴の位置に相当する)。それ以外にも木星の公転周期と整数の比をもつ周期の軌道に小惑星の少ない領域がある。

ダニエル・カークウッドが1857年に初めて注目し、その成因が木星による軌道共鳴であることを説明した。

近年になって、大きな離心率をもつ軌道をもつ小惑星がカークウッドの隙間のなかにいくつか見つかっている。例えばアリンダ族グリクワ族である。これらの小惑星の軌道の離心率は1000万年の時間のオーダーで離心率が増加し、その後、惑星と接近することにより、共鳴の位置から離れる。

顕著な隙間の見られる軌道長半径

  • 2.06 AU (4:1 共鳴)
  • 2.5 AU (3:1 共鳴)、アリンダ族の元軌道
  • 2.82 AU (5:2 共鳴)
  • 2.95 AU (7:3 共鳴)
  • 3.27 AU (2:1 共鳴), グリクワ族の元軌道

弱い傾向や狭い隙間の見られる軌道長半径

  • 1.9 AU (9:2 共鳴)
  • 2.25 AU (7:2 共鳴)
  • 2.33 AU (10:3 共鳴)
  • 2.71 AU (8:3 共鳴)
  • 3.03 AU (9:4 共鳴)
  • 3.075 AU (11:5 共鳴)
  • 3.47 AU (11:6 共鳴)
  • 3.7 AU (5:3 共鳴)