カヴィテ港海戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャビテ港海戦
八十年戦争
1647年6月10日
場所 フィリピンマニラ湾カヴィテ市
結果 スペインの勝利
衝突した勢力
ネーデルラント連邦共和国の旗 ネーデルラント連邦共和国 スペインの旗 スペイン
戦力
艦艇12隻 小型船数隻
被害者数
2隻(旗艦を含む) 不明

カヴィテ港海戦(カヴィテこうかいせん)とは、八十年戦争中の1647年6月10日に発生した、スペインオランダとの間で戦われた海戦フィリピンマニラ湾のスペイン拠点港であるカヴィテ(キャビテ / カビテ)港において発生し、オランダが敗れた。

6月10日、12隻からなるオランダ艦隊が、マニラ・ガレオンの拠点であるカヴィテ港を包囲した。 スペイン人、フィリピン人は火砲をもって港を防衛し、オランダ艦隊の旗艦を撃沈した。オランダ艦隊は撤退し、港は守りきられたが、スペインが巨費を投じて建設した石造砦「バーガ砦」が破壊された。 この後ミュンスター条約で戦争が終結するまで、オランダはマニラ湾を荒らし回ることになる。

この港はマニラ湾におけるスペインの重要拠点の一つで、フィリピンとメキシコとを結ぶ貿易の拠点であった。カヴィテ港は今日のカヴィテ市(カヴィテ州の州都)にある。