カンムリサギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カンムリサギ
カンムリサギ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: コウノトリ目 Ciconiiformes
: サギ科 Ardeidae
: アカガシラサギ属 Ardeola
: カンムリサギ A. ralloides
学名
Ardeola ralloides
和名
カンムリサギ
英名
Squacco Heron

カンムリサギ(冠鷺、学名:Ardeola ralloides)は、コウノトリ目サギ科に分類される鳥類の一種。

分布[編集]

ヨーロッパ南部や中近東で繁殖し、冬季はサハラ砂漠以南のアフリカに渡り越冬する。

形態[編集]

飛翔するカンムリサギ
Ardeola ralloides

体長40-49 cm、翼開長82-95 cm。首が短く嘴が太短い。体は淡褐色で頭と首に縦縞模様がある。地上では淡褐色の鳥だが、翼が白色で飛翔すると白色が目立つ。頭の後ろに繁殖期になると目立つ長い飾り羽がある。

生態[編集]

アシ原や海岸などに生息する。

小魚、カエル、昆虫を主に捕食する。

繁殖期にはサギ科の仲間で湿地に集まりコロニーを形成し、樹上や草原に木の枝で巣を作る。巣材は雄が集め、造巣は雌が行う。1腹4-6個の卵を産み、抱卵期間は22-24日である。抱卵は雌が行い、育雛は雌雄共同で行う。雛は35-45日で巣立ちする。


関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 コウノトリ目+フラミンゴ目』、財団法人東京動物園協会、1985年、27-28頁