カンポ・ラメイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Campo Lameiro

{{{市章説明}}}

Flag of Galicia.svg ガリシア州
Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県
コマルカ ポンテベドラ
面積 63.8km² km²
人口 2,084人(2,009年) 人 ()
人口密度 33.12人/km² 人/km²
ガリシア語率 98.98%
Campo Lameiroの位置
Campo Lameiro
スペイン内のカンポ・ラメイロの位置
Campo Lameiroの位置
Campo Lameiro
ポンテベドラ県内のカンポ・ラメイロの位置

北緯42度32分32秒 西経8度32分34秒 / 北緯42.54222度 西経8.54278度 / 42.54222; -8.54278

Situacion Campo Lameiro.PNG

カンポ・ラメイロCampo Lameiro)は、スペインガリシア州ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。ガリシア統計局の2009年の人口調査では、自治体人口は2,084人である。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.98%(2001年)。

地理[編集]

カンポ・ラメイロはポンテベドラ県の中部に位置し、コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。隣接する自治体は、北がクンティスア・エストラーダ、東がセルデード、南がポンテベドラコトバーデ、西がモラーニャである[1]

人口[編集]

カンポ・ラメイロの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3] 

史跡・名所[編集]

カンポ・ラメイロはペトログリフが残されていることで知られている。この線刻画はおよそ紀元前3200年ごろのものと考えられている。また、自治体内には多くの石碑(pedras gravadas)が見つかっている。青銅器時代鉄器時代にはカストロ文化(cultura castrexa)の重要な拠点の一つであったと考えられている。

政治[編集]

自治体首長はガリシア国民党(PPdeG)のフリオ・サジャンス・ブガージョ(Julio Sayáns Bugallo)、自治体評議員はガリシア国民党:9、ガリシア民族主義ブロック(BNG):1、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):1となっている(2007年自治体選挙結果)。

教区[編集]

カンポ・ラメイロは6の教区に分けられる。

  • オ・カンポ(サン・ミゲル)
  • オ・コウソ(サン・クリストーボ)
  • フラガス(サンタ・マリーニャ)
  • モイメンタ(サンタ・マリーア)
  • モンテス(サン・イシードロ)
  • モリージャス(サンティアーゴ)

ギャラリー[編集]

参考文献・脚注[編集]

外部リンク[編集]