カンポロンゴ・アル・トッレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カンポロンゴ・アル・トッレ
Campolongo al Torre
行政
: Flag of Italy.svg イタリア
: Friuli-Venezia Giulia-Flag.png フリウーリ=ヴェネツィア・ジュリア
: Blank.png ウーディネ
コムーネ:
カンポロンゴ・タポリアーノ
市外局番: 0431
CAP(郵便番号): 33040
文化
住人の呼称: campolonghesi
守護聖人: 聖ロッコ
地理
座標: 北緯45度52分0秒 東経13度23分0秒 / 北緯45.86667度 東経13.38333度 / 45.86667; 13.38333座標: 北緯45度52分0秒 東経13度23分0秒 / 北緯45.86667度 東経13.38333度 / 45.86667; 13.38333
標高: 海抜 16 [1] m
カンポロンゴ・アル・トッレの位置(イタリア内)
カンポロンゴ・アル・トッレ
カンポロンゴ・アル・トッレの位置
Portale:Portali ポータル イタリア
テンプレートを表示

カンポロンゴ・アル・トッレイタリア語: Campolongo al Torre)は、イタリア共和国フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ウーディネ県カンポロンゴ・タポリアーノに属する分離集落(フラツィオーネ)。

かつては独立したコムーネであったが、2009年タポリアーノと合併して新自治体の一部となった。

名称[編集]

標準イタリア語以外では以下の名称を持つ。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

カンポロンゴ・タポリアーノの南部に位置する。

独立したコムーネの時期には 5.89 km2 の面積があり[2]、中心地区の標高は16m、最低地点は11m、最高地点は20mであった[1]

カヴェンツァノ(Cavenzano)、サン・レオナルド(San Leonardo)は、カンポロンゴ・アル・トッレにフラツィオーネとして属していた。東をトッレ川 (Torre (river)が流れ、ゴリツィア県と接していた。

旧隣接コムーネ[編集]

カンポロンゴ・アル・トッレがコムーネであった当時の隣接コムーネは以下の通り。GOはゴリツィア県所属を示す。

歴史[編集]

2007年11月25日に行われた住民投票により、カンポロンゴ・アル・トッレとタポリアーノの合併について、85.47%の賛成票が投じられた。2009年、両者を合併したコムーネ「カンポロンゴ・タポリアーノ」が発足し、カンポロンゴ・アル・トッレはその一部となった。

人口[編集]

人口推移[編集]

旧コムーネの人口推移は以下のとおり。2008年末時点のコムーネ人口は759人であった[3]

居住地区別人口[編集]

国立統計研究所(ISTAT)によれば、2001年時点での居住地区(Località abitata)別の人口は以下の通り[1]

地区名 標高 人口 備考
CAMPOLONGO AL TORRE 11/20 716
CAMPOLONGO AL TORRE-CAVENZANO * 16 704
Case Sparse - 12
  • ISTATは人口統計上、家屋密度の高い centro abitato (居住の中心地区)、密度の低い nucleo abitato (居住の核となる地区)、まとまった居住地区を形成していない case sparse (散在家屋)の区分を用いている。上の表で地名がすべて大文字で示されているものが centro abitato である。「*」印が付されているのは、コムーネの役場・役所 la casa comunale の置かれている地区である。

姉妹都市[編集]

2005年より

脚注[編集]