カンバ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NSRW Africa Mukamba.png

カンバ族 (Kamba) は、ケニア首都ナイロビの東方サバンナ地帯に居住するバントゥー系諸族の1つで、約170万人が該当する。16世紀タンザニア北東部から移住してきた民族で、キクユ族と文化的な類似性が認められる。

特徴[編集]

農業牧畜を主とした生活を営んでおり、シコクビエコーリャントウモロコシなどの栽培ウシヒツジヤギ飼育を行う。近年の人口過密と土地の涸痩、ケニアの産業化により、ナイロビ周辺へ移住する者も現れている。

一夫多妻制父系家族集団で、家畜牧草地という財産認識を共有し、社会基盤を築いている。中央集権的な社会制度はなく、クランによりさらに細分化された集団で生活している。また、親密な間柄ほど誹謗中傷を繰り返す独特の忌避関係を持っており、友情の表現とされている。

ヌガイとした祖先信仰を持ち、呪術信仰妖術信仰も根強く、キクユ族のそれと酷似している。

外部リンク[編集]