カント・ハウス自然史博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
博物館裏手側

カント・ハウス自然史博物館(カント・ハウスしぜんしはくぶつかん、Kandt House Museum of Natural History)はルワンダ共和国の首都キガリにある博物館である。ルワンダ国立博物館研究所(Institute of National Museums of Rwanda)管轄下の施設となっている。

博物館正面

この博物館の建物は、ドイツ人で地理学者および民族学者のリヒャルト・カント(Richard Kandt)[1]が、キガリのニャルゲンゲ・ヒル(Nyarugenge Hill)に建てたものを用いている。館内では、動植物などの進化や、生物と環境との間の相互依存といったテーマに関する説明や展示を行っている[2]

脚注[編集]