カントル (教会音楽家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カントル英語: Cantor, ドイツ語: Kantor)は、キリスト教音楽の指導者。カントルはカトリックプロテスタントで使用される名称であり、正教会では「プロトプサルティス」と呼ばれる。またユダヤ教にも「ハッザーン」と呼ばれる同様の役職がある。

カントルの任務は、典礼の時に会衆の歌にオルガンなどで伴奏をつけたり、聖歌隊合唱指揮者を務めたり、さらにカンタータの演奏では合唱管弦楽の双方の指揮者を務めなければならない。ドイツ中部ではカントルと教師は同一の概念であったので、教会付属学校の教師の役割も果たさなければならなかった。

なお多くのカントルが作曲家を兼ねた。もっとも有名なカントルとして、ライプツィヒ聖トーマス教会のカントル(トーマスカントル)であったヨハン・ゼバスティアン・バッハと、ハンブルクの5つの主要教会のカントル(ヨハネスカントル)であったゲオルク・フィリップ・テレマンの2人があげられる[1]

脚注[編集]

  1. ^ New Grove Dictionary of Music and Musicians, s.v. "Kantorat"