カントリーコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  • ISO 3166-1などによって規定された、国または地域に付けられる国名コード
  • 自然公園などを訪問する者が守るべきルールやマナーを明文化したもの。本項で説明。

カントリーコード(The Country Code)とは、もともとは、イギリスにおいて1930年代頃から制定され始めた、田園地帯を訪問する人間が守るべきルール・マナーをまとめたものを指す。

さまざまな団体によって種々のものが作成されている。 その中でも最も良く知られているのは、イギリスのカントリーサイドコミッション(en:Countryside Commission)が1981年に発表した12か条である。

  • カントリーサイドを楽しみ、住んでいる人の生活と仕事に敬意を払う。
  • どんな小さな火の元にも注意する。
  • 牧場の門(ゲート)は開けたら必ず閉める。
  • 連れて来た犬はきちんと管理する。
  • 農地を通る時は農道を歩く。
  • 牧場の柵、生け垣、壁を乗り越えたりせず、ゲートや踏み越し段(en:stile)を通る。
  • 家畜、作物、農具に手を触れない。
  • ごみは持ち帰る。
  • 水を汚さずきれいに。
  • 野生動物、植物、木を守る。
  • 田舎道は気をつけて歩く。
  • 不必要な騒音を立てない。

2004年には、社会情勢などの変化を反映した改訂版であるカントリーサイドコードが発表されている。

  • 安全第一 - 前もって計画を立て、標識には必ず従う。
  • すべてのゲートは、必ず元の状態にしておく。(開けたものは閉める、閉めたものは開ける)
  • 動植物を守り、ごみは持ち帰る。
  • 連れて来た犬はきちんと管理する。
  • 他の人のことを思いやる。

日本のカントリーコード[編集]

経過

  • 1998年3月、「富士山カントリーコード」制定。
  • 1999年8月、「小笠原カントリーコード」制定。
  • 2000年4月、「南アルプスカントリーコード」制定。
  • 2000年9月、「秩父多摩甲斐国立公園カントリーコード」制定。
  • 2001年10月、「屋久島カントリーコード」制定。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]