カンタン郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯7度24分20秒 東経99度30分55秒 / 北緯7.40556度 東経99.51528度 / 7.40556; 99.51528

カンタン郡
位置画像
カンタン郡の位置
情報
タイ語名 อำเภอกันตัง
トラン県
地理番号 9202
郵便番号 92110
統計
面積 612.7 km2
人口 83,013 人 (2005年)
人口密度 135.5 人/km2
行政
テンプレートを表示

カンタン郡はタイ南部・トラン県の郡(アムプー)である。

名称[編集]

カンタンとはマレー語の kantan に由来する言葉で、ショウガ科ゲットウ (Alphinia speciosa) のことである。日本語には同じマレー語由来でカンタンと称する植物 (Phaeomeria speciosa) があるがこれはタイ語で ต้นกะลา となるため郡名とは関係ない[1]

歴史[編集]

古くはトランの中心地域であり、現在のタムボン・クワンターニーに小さな港があった。アユタヤ王朝時代から港として知られており、16世紀前半の冒険家トメ・ピレスはその著書『東方諸国記』において「ペグー側でマラカに向かう途中にあるシアンの諸港」のなかにテラン (Terrãm) があると述べている[2]

1893年、時の国主プラヤー・ラッサダー大規模な船の航行が可能なタムボン・カンタンにトラン中心を移すが、頻繁に洪水を起こすため1916年、時のモントン・プーケットの省長プラヤー・ウィチッタウォンウッティクライ(モムラーチャウォン=スタット・スッティスタット)はトランの中心部を現在のトランに移動し、旧トランはカンタンとなった。しかしながら市の支柱であるラックムアンは現在でもタムボン・クワンターニーにある。

地理[編集]

郡はトラン川の形成した平地にあり、トラン川の河口がある。市の西側にはまた南東には山がある。西の海岸にはヨンリン・ビーチと呼ばれるビーチがありその北にはハート・チャオマイ国立公園がある。海上にはタリボン島ムック島クラダーン島がある。

国鉄トラン支線の最終地である。また国道403号線が北に延びており、トラン方面とつながっている。

経済[編集]

コメ、果樹園などの農業のほか、牧畜が盛んである。漁業なども盛ん。また、郡内には工場もあり工場労働者もいる。

行政区分[編集]

郡は14のタムボンに分かれ、さらにその下位に83の村がある。自治体(テーサバーン)が一つあり以下のようになっている。

また、郡内には13のタムボン行政体(オンカーンボーリハーンスワンタムボン)がある。

  • タムボン・カンタン・・・ตำบลกันตัง
  • タムボン・クワンターニー・・・ตำบลควนธานี
  • タムボン・バーンマーク・・・ตำบลบางหมาก
  • タムボン・バーンパオ・・・ตำบลบางเป้า
  • タムボン・ワンウォン・・・ตำบลวังวน
  • タムボン・カンタンターイ・・・ตำบลกันตังใต้
  • タムボン・コークヤーン・・・ตำบลโคกยาง
  • タムボン・クローンル・・・ตำบลคลองลุ
  • タムボン・ヤーンスー・・・ตำบลย่านซื่อ
  • タムボン・ボーナムローン・・・ตำบลบ่อน้ำร้อน
  • タムボン・バーンサック・・・ตำบลบางสัก
  • タムボン・ナークルア・・・ตำบลนาเกลือ
  • タムボン・コリボン・・・ตำบลเกาะลิบง
  • タムボン・クローンチーローム・・・ตำบลคลองชีล้อม
 Map of tambon

脚注[編集]

  1. ^ 冨田竹二郎編著『タイ日大辞典』めこん、第三版1997年10月1日、p.145 ISBN 9784839601140
  2. ^ トメ・ピレス『東方諸国記』生田滋・井上岑夫・加藤栄一・長岡晋太郎訳、岩波書店〈大航海時代叢書〉、1966年、p.215

外部リンク[編集]