カンカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cancale
Blason ville fr Cancale (Ille-et-Vilaine).svg

France Cancale bordercropped.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) イル=エ=ヴィレーヌ県
(arrondissement) サン=マロ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 35049
郵便番号 35260
市長任期 ピエール=イヴ・マイウ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération du Pays de Saint-Malo
人口動態
人口 5,277人
2011年
人口密度 406人/km²
住民の呼称 Cancalais
地理
座標 北緯48度40分46秒 西経1度49分35秒 / 北緯48.6794444444度 西経1.82638888889度 / 48.6794444444; -1.82638888889座標: 北緯48度40分46秒 西経1度49分35秒 / 北緯48.6794444444度 西経1.82638888889度 / 48.6794444444; -1.82638888889
標高 平均:m
最低:0 m
最高:45 m
面積 13km²
Cancaleの位置(フランス内)
Cancale
Cancale
公式サイト Site de la ville de Cancale
テンプレートを表示

カンカルフランス語:Cancaleブルトン語:Kankaven、ガロ語:Cauncall)は、フランスブルターニュ地域圏イル=エ=ヴィレーヌ県コミューン

地理[編集]

モン・サン・ミシェル湾の西側、イル=エ=ヴィレーヌ県の北部コート・デメロード(fr)に位置する。サン=マロの東約15kmである。湾の西端であるカンカルのグルワン岬(en)からは、晴天の日に対岸のモン・サン・ミシェルが見える。

歴史[編集]

カンカルのカキ採りジョン・シンガー・サージェント画、1877年
カキの養殖棚

カンカルはかつて、ニューファウンドランド島でタラ漁に従事する偉大な船乗りたちの存在で知られた。

18世紀、コミューンの東にあるサン=マロ攻撃を狙ったイギリス軍が、幾度もカンカルに上陸した。

1612年、ダニエル・ド・ラ・トゥシュの艦隊がカンカルからブラジルへ出発した。ド・ラ・トゥシュはマラニョン州サン・ルイスを建設した。

1963年1月19日夜から20日にかけ、最低気温-16℃を記録したカンカルのウール港が凍結し、一週間もの間氷が溶けなかった。この寒波でカンカルのカキの8割が死滅するという事態となった[1]

経済[編集]

ルイ14世は、ヴェルサイユ宮殿へカンカル産カキを取り寄せていた。現在もカキ養殖や漁業が盛んで、小さな町であるが、訪れる観光客のため多くのレストランが軒を連ねている。カキ養殖棚は7.3平方キロメートルもあり、毎年25,000トンのカキが水揚げされている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
5236 5019 4780 4638 4910 5203 5285 5277

参照元:1999年までEHESS[2]、2000年以降INSEE[3][4]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Banquise dans le port de Cancale
  2. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=6768
  3. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  4. ^ http://www.insee.fr