カワリモリモズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カワリモリモズ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
小目 : カラス小目 Corvida
上科 : カラス上科 Corvoidea
: カラス科 Corvidae
亜科 : フエドリ亜科 Pachycephalinae
: モズヒタキ族 Pachycephalini
: ピトフーイ属 Pitohui
: カワリモリモズ P. kirhocephalus
学名
Pitohui kirhocephalus
(Lesson & Garnot, 1827)
和名
カワリモリモズ
英名
Variable Pitohui

カワリモリモズ学名Pitohui kirhocephalus)は、スズメ目カラス科の鳥。インドネシアおよびパプアニューギニアの高温多湿な低地の森に生息している。毒を持つ。

特徴[編集]

全体に黒いが、翼の付け根に近い部分は茶色で、胸から腹は薄茶色。

数少ない、毒を持つ鳥のひとつである。本種の他に毒を持つ鳥としては、同じピトフーイ属ズグロモリモズ Pitohui dichrous のほか、ズアオチメドリ Ifrita kowaldi 、チャイロモズツグミColluricincla megarhyncha のみが知られる。

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「カワリモリモズ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類