カワガラス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カワガラス科
ムナジロカワガラス
ムナジロカワガラス Cinclus cinclus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: カワガラス科 Cinclidae
: カワガラス属 Cinclus
Borkhausen, 1797
Cinclus distr.png
各種の分布域

カワガラス科(カワガラスか、学名:Cinclidae)は、スズメ目スズメ亜目に属する鳥類の一[1] 。カワガラス属のみで本科を形成する。カワガラス属の模式種ムナジロカワガラス

分布[編集]

アフリカ大陸北部、北アメリカ大陸西部、南アメリカ大陸北東部、ユーラシア大陸イギリス日本

形態[編集]

全身は分厚い羽毛で覆われ、防水と防寒に役立つ。尾羽は短い。

卵は白い。雌雄で色彩は変わらない。

生態[編集]

渓流沿いに生息する。縄張りを形成し、他の個体と出会うと頸部を伸ばしたり相手を追いかけて縄張りを主張する。

食性は動物食で、昆虫類甲殻類貝類魚類両生類幼生等を食べる。水辺を徘徊したり、潜水し翼を使って泳いだり水底を歩行して獲物を捕食する。本科の構成種に対しての英名dipperは「水に浸る者」の意で、転じて「水に潜る鳥」の意。

繁殖形態は卵生。繁殖期にはペアを形成する。コケを球状に固めた巣を作り、主に早春に4-6個の卵を産む。同じ巣を数回に亘り繁殖に用いることも多い。

分類[編集]

本科はカワガラス属の構成種5種で構成される[1]

カワガラス属 Cinclus[編集]

人間との関係[編集]

橋桁やダムの壁の中等といった建造物に営巣することもある。

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]