カロデンの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カロデンの戦い
The Battle of Culloden.jpg
ディヴィッド・モーリエ画 "Battle of Culloden"
戦争ジャコバイト蜂起
年月日1746年4月16日
場所インヴァネス東方8km、スコットランド高地地方
結果:ブリテン軍の完勝
交戦勢力
ブリテン軍 ジャコバイト
指揮官
カンバーランド公 チャールズ若僭王
戦力
9,000+ 5,400
損害
死亡52
負傷259
死亡1,250
負傷1,000
捕虜558

カロデンの戦いBattle of Culloden)は、スコットランド1746年に起こった、ジャコバイトによるグレートブリテン王国に対する最後の組織的抵抗である。日本語では「カロデン・ムアの戦い」「カロドンの戦い」「カロドン・ムアの戦い」とも表記される。 この敗北によってジャコバイト運動はほぼ鎮圧された。また、グレートブリテン王国側指揮官カンバーランド公の虐殺が後世に残り、スコットランド人の対イングランド感情を悪化させる一因となった。

前哨戦[編集]

チャールズ若僭王1745年フランスからスコットランドに上陸した。ハイランド氏族たちを集め、軍隊をおこした。チャールズの軍はエディンバラを占領し、グレートブリテン王国政府軍の微弱な抵抗を立て続けに破っていった。11月8日チャールズ軍はイングランドに侵攻し、カーライルマンチェスターおよびダービーへと軍を進めた。これはジョージ2世ハノーファーに逃げさせるための示威行動であったと考えられている。

さらにチャールズはイングランドやフランスにも蜂起を呼びかけた。フランスはチャールズ支援に動き出す意思を見せたが、イングランドではほとんど支持が集まらなかった。さらに、フランス艦隊の準備よりも、カンバーランド公の来寇が先んじていた。やむを得ずチャールズ軍はスコットランドに退き、グラスゴーで態勢の立て直しをはかった。いっぽうカンバーランド公率いる政府軍はエジンバラまで進み、ジャコバイト軍の動静を窺った。

両軍の構成[編集]

ジャコバイト軍[編集]

チャールズ率いるジャコバイト軍は、その75%がハイランド人で占められていた。かれらの武装は貧弱で、剣または槍を持っていたのは2割程度であった。他の者は農具や棍棒、分捕った武器などありあわせの物を携えていた。彼らはおおむねカトリック教徒であった。11月末になってフランス艦隊が連れてきたのは800人ほどで、武装も士気も貧弱だった。

政府軍[編集]

アバディーンで再編・訓練を行った政府軍は、質・量ともにジャコバイト軍を上回っていた。ドイツ人傭兵やイングランド人からなる正規兵に加え、氏族同士のいさかいからスコットランドのハイランド人の中からも、キャンベル氏族ムンロ氏族は政府軍に加わった。歩兵12個大隊、騎兵3個連隊に加えて大砲も揃っていた。

戦闘[編集]

カンバーランド公は8000の軍勢をひきつれて4月14日、ネーアンに到着した。ジャコバイト軍はインヴァネスに駐屯していたが、政府軍がすぐ近くに来ているという報せに慌て、兵糧などを放棄して逃げ、ドルモーシー近郊に布陣した。当地は平坦で固い地盤の土地であったため、政府軍の砲兵や騎兵の行動に有利であり、大砲の威力も発揮しやすかった。このことは逆に、騎兵や大砲が少ないジャコバイト軍には不利であった。ジョージ・マレイ将軍らチャールズの部下たちは軽装歩兵によるゲリラ戦術を進言したが、チャールズは受け入れなかった。

4月15日、ジャコバイト軍の戦術が決した。夜襲によって政府軍陣地に攻め込むことになったが、兵糧を捨てたジャコバイト軍は飢餓に瀕していた。結局チャールズは軍をほとんど進めることができなかった。翌4月16日、政府軍が動き出した。折しも豪雨になり、風下のジャコバイト軍は前方から叩き付ける雨に顔を上げることができなかった。

やがてカンバーランドの大砲が火を噴いた。ジャコバイト軍の前線はまたたくうちに崩れ始めた。チャールズに従っていた氏族長たちは、チャールズの作戦指揮のまずさに不満をためていた。態勢を立て直そうとしたチャールズを待っていたのは、氏族長たちのサボタージュだった。それでもいくつかの氏族部隊は勇敢に戦い、局地戦で有利に展開することもあったが、大勢は動かなかった。もはやジャコバイト軍の敗北は明らかだった。

結果[編集]

戦闘が終わると、カンバーランド公は負傷してその場から動けなくなっていたジャコバイト軍兵士や捕虜たちの首を刈り始めた。これによってカンバーランド公は屠殺屋の異名を賜ることになった。いっぽうチャールズは戦場からの脱出に成功するが、フランスに逃げ帰るために婦人に変装しなければならなかった。このときの顛末がスコットランド・アイルランドに伝わり、チャールズの人気を傷つけることとなった。

カンバーランドは依然その地にとどまり、ジャコバイトの捜索を続けた。捕らえられたジャコバイトは、くじ引きで当たりを引いたものが処刑された。捕らえられた3470人のジャコバイトの運命は処刑が120人、獄死88人、奴隷として植民地に送られた者936人、「追放」22人という記録が残っている。700余名の「その後」について記録はない。

グレートブリテン王国政府は反乱の再発防止のために、キルトタータンの着用を禁じ、氏族制度を解体して政府軍をハイランドに常駐させた。スコットランド人にとって、これは屈辱的な仕打ちに映った。

参考資料[編集]

  • ジョン・マクドナルド 『戦場の歴史 : コンピュータ・マップによる戦術の研究』 松村赳訳、河出書房新社、1986年2月ISBN 978-4-309-22120-5