カレル・フイヴェールツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カレル・フイヴェールツ(Karel Goeyvaerts, 1923年6月8日アントウェルペン - 1993年2月3日、アントウェルペン)はベルギーの作曲家である。「フイヴァールツ」「ヘイヴェルツ」などとも表記される。

アントウェルペン王立音楽院オランダ語版で学んだ後、パリパリ国立高等音楽・舞踊学校ダリウス・ミヨーに師事し、またオリヴィエ・メシアンアナリーゼの講義を受講した。ヴェーベルンの『ピアノのための変奏曲』を研究し、1951年に完成した『二台のピアノのためのソナタ(英語版)』でブーレーズシュトックハウゼンよりも先に音価デュナーミクとアタックのセリー化に到達、トータル・セリエリズムへの道を開いた。また、1950年代には電子音楽の作曲も行っている。その後は旋法性を取り入れ、ミニマル・ミュージックにも接近した。

参考文献[編集]