カレル・スヴォボダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カレル・スヴォボダKarel Svoboda, 1938年12月19日2007年1月28日)はチェコポピュラー音楽作曲家1970年代に数々のテレビ番組の音楽を担当した。

来歴・人物[編集]

チェコスロヴァキア共和国プラハ出身。医学を専攻するも大学3年生の時に学業を放棄し、ポピュラー音楽の世界に入る。1950年代にロック・バンド「メフィスト」に加入するが、後にプラハのラテルナ・マジカ劇場や、多くの歌手のために楽曲を提供した。1969年にチェコの国民的ポップス歌手のカレル・ゴットに楽曲を提供した(ゴットには総計80曲を作曲している)。

スヴォボダは、ドイツのテレビ放送局ZDFのために30年にわたって数々の楽曲を提供した。テレビ番組や映画のための楽曲は、およそ90曲にも上り、なかでも「小さなバイキングビッケ」や「みつばちマーヤの冒険」、「ニルスのふしぎな旅」といった代表作があり、1970年代に生まれ育ったヨーロッパの青少年は、スヴォボダが提供した音楽とともに成長したことになる。

2007年1月28日にイェヴァニーにある邸宅にて変死体となって発見された。68歳だった。による自殺であったと推定されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ iDnes

外部リンク[編集]