カレドニア級戦列艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カレドニア級戦列艦
艦種 1等艦
次級 ネルソン級戦列艦
性能諸元
全長 砲列甲板:62m
竜骨:52.1m

広胴型
砲列甲板:62.6m
竜骨:52.1m
全幅 16.3m

広胴型:16.6m
機関 帆走(3本マストシップ
武装 120門[1]:

上砲列:18ポンド(8kg)砲34門
中砲列:24ポンド(11kg)砲34門
下砲列:32ポンド(15kg)砲32門
後甲板:12ポンド(5kg)砲6門、
32ポンド(15kg)カロネード10門
船首楼:12ポンド(5kg)砲2門、
32ポンド(15kg)カロネード2門
船尾楼:18ポンド(8kg)カロネード2門

カレドニア級戦列艦(Caledonia class ships of the line)はウィリアム・ルール設計のイギリス海軍の120門1等戦列艦

3番艦までの武装は船尾楼の18ポンドカロネードが6門に増えたことを除いて1番艦と変わらない。しかし次の艦では下段の32ポンド砲2門が68ポンドカロネードになり、他の砲列の長砲はすべて32ポンド砲と置き換え、後甲板は18ポンド砲2門とカロネード14門に変えられた上で船首、船尾楼のカロネードを廃止するなどの劇的な強化が施された。残りの5隻は船体幅が広がってはいたが、武装はカレドニアと同じ標準的な武装だった。


同型艦[編集]


標準型[編集]

艦名 造船所 発注 進水 その後
カレドニア(en) プリマス 1797年1月19日 1808年6月25日 1875年解体
ブリタニア(en) プリマス 1812年6月11日 1820年10月20日 1869年解体
プリンス・リージェント(en) チャタム 不明 1823年4月12日 1873年解体
ロイアル・ジョージ(en) チャタム 1819年9月2日 1827年9月22日 1875年売却

広胴型[編集]

艦名 造船所 発注 進水 その後
ネプチューン(en) ポーツマス 不明 1832年9月22日 1875年売却
ロイアル・ウィリアム(en) ペンブローク 1823年12月30日 1833年4月2日 1899年焼損
ウォータールー(en) チャタム 1823年9月9日 1833年6月10日 1918年焼損
セント・ジョージ(en) プリマス 1819年5月27日 1840年8月27日 1883年売却
トラファルガー(en) ウリッジ 1825年2月19日 1841年6月21日 1906年売却

脚注[編集]

  1. ^ これは下記の合計とは一致しない公称の概数である。

参考文献[編集]

  • Lavery, Brian (2003) The Ship of the Line - Volume 1: The development of the battlefleet 1650-1850. Conway Maritime Press. ISBN 0-85177-252-8.