カルロ・マテウッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロ・マテウッチ

カルロ・マテウッチCarlo Matteucci1811年6月21日- 1868年6月25日)はイタリア物理学者神経生理学者である。

ロマーニャフォルリに生まれた。ボローニャ大学で数学を学んだ後、フランスの理工科学校やイタリアの大学で研究を続け、1840年にアラゴーの推薦でトスカーナ大公によってピサ大学の物理学の教授に任じられた。

ルイージ・ガルヴァーニの生物電気の発見をうけて、1830年頃から生物と電気の実験を行った。レオポルド・ノビーリの発明した電流計ボルタ電池を使って実験をおこなった。彼の実験はドイツのヨハネス・ペーター・ミュラーやその弟子のエミール・デュ・ボア・レイモンによる生体の中の電気作用の解明につながっていく。電流などの時間的変化を記録するカイモグラフを発明した。

晩年は政治にも参加し、教育大臣になった。

イタリア科学アカデミーが基礎分野の科学の業績に授与する賞はカルロ・マテウッチを記念してマテウチ・メダルと呼ばれ、1968年に始まり、中断はあるが現在まで続いている。