カルロ・ピアナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Carlo Piana
生誕 1968年9月25日(46歳)
イタリアオメーニャ
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 弁護士フリーソフトウェアに関する擁護
著名な実績 フリーソフトウェア支援、反トラスト運動、オープン標準推進

カルロ・ピアナ(Carlo Piana)は弁護士であり、フリーソフトウェア運動の支援者でもある。ピアナはイタリアで弁護士資格を得たのち、1995年よりIT法英語版に関する業務を行っている。彼の業務内容は、ソフトウェア技術標準化データ保護英語版そしてデジタル的自由に関するものに概ね集中し[1]、またFree Software Foundation Europe ("FSFE")の法務顧問General Counsel)として外部より招聘されその職務についている。

ピアナはヨーロッパにおける基礎となる幾つかの訴訟に関与しており、その中には次が含まれる。彼がFSFESamba開発チーム両者の法的代理人として関わった、欧州委員会マイクロソフト反トラストを巡る長期に渡る法廷闘争[2][3]ISO/IECにおけるOOXMLの標準化についての議論、そしてつい最近は、サン買収企図に係り、オラクル側の弁護士に就任した件[4][5]である。

ピアナはInternational Free and Open Source Software Law Review英語版("IFOSS L. rev.")[6]の編集委員であり、Protocol Freedom Information Foundation[7]の代表取締役を務める。

2008年、彼はArray[8]という名前のIT法弁護士の小規模な集団を結成しそのリーダーを務め、フリーランスでのIT法に関する弁護士活動を打ち立てている。

脚注[編集]

  1. ^ 彼の弁護士事務所のウェブサイトにその取り扱い分野が示されている。 Areas of practice”. law.piana.eu. 2011年4月5日閲覧。
  2. ^ 2006年のヒアリングとフリーソフトウェア運動家の役割について述べるニューヨーク・タイムズの記事。 James Kanter (2006年4月29日). “Band of Activists in Europe Holds the Line in the Case Against Microsoft”. ニューヨーク・タイムズ. 2011年4月5日閲覧。
  3. ^ Lorraine Mallinder (2008年5月22日). “Microsoft's new battle with old enemy”. www.europeanvoice.com. 2011年4月5日閲覧。
  4. ^ Lorraine Mallinder (2009年10月5日). “Mr Carlo Piana, Europe's Free Software legal hero, joins as Oracle co-counsel”. openlife.cc. 2011年4月5日閲覧。
  5. ^ Pamela Jones (2009年10月21日). “Reasons I Believe the Community Should Support the Oracle-Sun Deal - Updated 3Xs”. Groklaw. 2011年4月5日閲覧。
  6. ^ International Free and Open Source Software Law Review”. www.ifosslr.org. 2011年4月5日閲覧。
  7. ^ Protocol Freedom Information Foundation”. www.protocolfreedom.org. 2011年4月5日閲覧。
  8. ^ Array”. arraylaw.eu. 2011年4月5日閲覧。

外部リンク[編集]