カルロ・ドルチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「悲しみの聖母」(1650年)国立西洋美術館所蔵

カルロ・ドルチ(Carlo Dolci、1616年5月25日 - 1686年1月17日)は、17世紀半ばのフィレンツェで活躍した宗教画家。

小型の肖像画や宗教画、特に甘美な聖母像や聖女像の制作に優れ、トスカーナ大公家から重用された。

ドルチの制作した悲しみの聖母像は、現在ルーヴル美術館エルミタージュ美術館ボルゲーゼ美術館国立西洋美術館などに所蔵されている。ボルゲーゼ美術館の作品は「親指の聖母」と呼ばれるもので、衣のひだの間から親指だけをのぞかせる形で描かれている。