カルロス・スリム・ヘル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロス・スリム・エルー
Carlos Slim Helú
生誕 1940年1月28日(74歳)
メキシコの旗 メキシコメキシコシティ
職業 実業家
純資産 730億アメリカドル
テンプレートを表示

カルロス・スリム・エルー(Carlos Slim Helú, 1940年1月28日 - )は、メキシコの実業家、慈善家。エルーの発音は語尾にアクセントが置かれる [ˈkarlos eˈslim eˈlu] 。スペイン語フランス語のようなロマンス語では、「H」は発音されない。

テルメックステルセル (Telcel) 、アメリカ・モービル (América Móvil) を所有し、ラテンアメリカの通信産業に多大な影響を持つ。その経営に積極的に関与しているが、日常業務は三人の息子、カルロス・スリム・ドミット、マルコ・アントニオ・スリム・ドミット、パトリック・スリム・ドミットにまかせている。

来歴[編集]

カルロス・スリムは1940年メキシコシティにてレバノンから移住したマロン派キリスト教徒の両親の下に生まれる[1][2]。カルロスの父フリアン・スリム・ハッダードは1902年、14歳の時にメキシコに移住した[1]。当時オスマン帝国による徴兵から逃れるため、子供を海外に移住させることは珍しいことではなく、フリアンの4人の兄も先に移住していた[3]メキシコ自治大学工学を学ぶ傍ら、大学にて代数学線形計画問題について教鞭をとっていた。

個人資産[編集]

2009年8月のフォーブスによれば、以前は第三位だったが、マイクロソフト社のビル・ゲイツを抜いて世界一位 (総資産約 8兆3000 億円)の大富豪となった。その後も、2010年度版長者番付で資産総額 535億アメリカドル (約4兆8000億円)・2011年度版の世界長者番付では、さらに資産を上げ、740億アメリカドル (約6兆2000億円)・2012年度版の世界長者番付で、690億ドル (約5兆6000億円)・2013年度版でも、730億アメリカドル (約6兆7900億円)で世界長者番付4年連続一位を獲得した[4]


脚注[編集]

[ヘルプ]